パーマリンクの設定変更しましたので、「ページが見つかりませんでした。」と出ます「キーワード検索」窓からどうぞ 現在1記事づつ修正しております。ブログは運営していきます 

ピノッキオは神戸三宮のピザ屋さん!一番人気はピノッキオピザ

アバター
WRITER
 
ピノッキオ神戸三宮のピザ屋さん!一番人気はピノッキオピザ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

ピノッキオは神戸三宮のピザ屋さん
 
春も目前、でもまだまだ寒い…そんな日にはこってりとろ~り、
アツアツのピザが食べたくなりますよね?!

数あるピザ屋さんの中でも、本日は、
神戸で56年続く老舗、県内外から長く愛され続けている名店中の名店、
ピノッキオ さんをご紹介いたします。

スポンサーリンク

〇ピノッキオって?

ピノッキオは神戸三宮のピザ屋さん

神戸ではじめてピザを提供したお店として、
また、村上春樹の小説に登場することでも有名、
テレビなどを通して目にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。

神戸にきたら絶対に食べたい、そして一度食べたら忘れられない!ということで、
地元民はもちろん、観光客にも大人気。

県内外からこのピザを食べるためだけ
神戸に来る方も多数いらっしゃるとか。

このお店のすごいところは、
50年以上も前から完全にオリジナルレシピでピザを提供 していること!

生地の配合は現在も厳重な企業秘密だそうです。
ピザには創業以来1枚1枚シリアルナンバーがついています。
本当にここでしか食べられない、
ユニークでプレミアムなピザを頂くことができます。

さてさて、一体どんなどんなピザなのか、
気になってくる頃でしょう。

スポンサーリンク

〇ピノッキオの一番人気!ピノッキオピザ (¥1300)

寒い冬には無性に食べたくなる、ピノッキオの看板ピザ
ピザ、ときいて想像されるものとちょっと違う…?!
こちら、分厚いチーズの層とオリジナルのホワイトソース溢れる、
こってりとろ~りピザなんです。

まず、他店と一線を画すのが、本当に分厚いチーズの層
ピザの全面が余すところなくチーズで蓋をされているのです。
こんがり焦げ目が黄金色に輝いて見えますね。
チーズそのものを食べているような、贅沢で濃厚な味。

口に入れると生地のサクッとした食感と
共にハーブやスパイスの香りが広がって、
すぐにこってり濃厚なチーズが流れ込む。

そしてチーズと生地の間から顔を出すまろやかなホワイトソース。
こちらが生地とチーズを優しく包み込んでまとめてくれているんですね。

全てのバランスが絶妙で完成されているのです。
これは50年以上愛され続けているのも頷けます!

そしてもう一つ、すごいところが。
なんとこのピザ、少し冷めるとまた違った顔 を見せるのです。

最初はアツアツとろ~り、しっかりしたボリュームの印象。
すきっ腹にガッツリとした満足感を与えてくれます。

おなかも少し落ちいたころ、今度はお酒にピッタリおつまみの顔が。

先ほどとは違って、チーズが少し固まってきたことで、
うまみがぎゅっと濃縮されて、しっかりとした食感になっています。
濃厚なチーズの味と、生地の香りが引き立って、
一口食べるごとにお酒が進んでしまいます。

ワインにもビールにもとってもよく合いますよ。

店内にはワインだけでなく豊富なドリンクが用意されているので、
是非ご自分でベストな組み合わせを探してみてください!

最初は思ったより小さいかな?と思うピノッキオさんのピザですが、
生地やソース、チーズの一つ一つにこだわりが詰まっています。
1枚で何度も楽しめる、大満足のピザです!

お値段もディナータイムで単品1300円とってもお手頃。
ランチタイムには1400円でサラダとソフトドリンクが付いてきます。

お昼、夜共にピークタイムには行列が出来ることも多いらしく、
ピザの焼き時間も20分ほどあるので、
事前に予約するか、時間に余裕をもって訪れるのがオススメです。

また、本格レストランには珍しく
カフェタイムも通して営業されています。
旅行などの際にも時間に縛られなくて助かりますね。

満席の場合や夜の遅い時間、定休日には、
すぐ近くの姉妹店ジェペットさんでも同じピザが食べられるそうです。

こちらは18:00より深夜まで営業、
大人な雰囲気の隠れ家バーレストランになっています。
シリアルナンバーも本店と共通のピザに加え、
本店では食べられない季節のオリジナルメニューも多数。
シーンによって使い分けても良さそうです。

まだまだ紹介しきれない魅力がたくさん詰まった神戸ピノッキオ
ピザのメニューだけでなく、
パスタやグラタン、メインディッシュのお料理も多数。
全てが一つ一つこだわって練られたオリジナルメニューだそうです。

今回は食べられなかったのですが、
次回はティラミスなどドルチェメニューも気になるところ。
こちらも勿論すべて自家製のこだわりレシピ、おすすめだそうです。

50年前の情景浮かぶレトロな店内で、
ここでしか味わえない、素敵な時間を過ごすことができました。
皆さんもぜひぜひ足を運んでみてください!

店舗紹介

ピノッキオ(PINOCCHIO)

水を使わずに、牛乳とスパイスを練り込んだ生地で作るピザが人気。
趣きのあるアンティーク調の店内インテリアもポイント。
 
 

公式サイト 神戸イタリアンレストランPINOCCHIO-ピノッキオ-
住所 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通2丁目3−13 太洋ビル 1F
営業時間 月曜日 11時30分~22時00分
火曜日 11時30分~22時00分
水曜日 定休日
木曜日 11時30分~22時00分
金曜日 11時30分~22時00分
土曜日 11時30分~22時00分
日曜日 11時30分~22時00分
メニュー ディナーメニュー
前菜 800円~
ピザ・パスタ 1300円~
グラタン・ドリア・リゾット 1,100円~
メインディッシュ 1,500円~
ドリンク 600円~
 
ランチメニュー(月~土曜日の11:30より2:30L.O.)
ピザセット・パスタセット 1,400円
それぞれ3種より選べる・サラダ&ソフトドリンク付き
グラタン・ドリアセット1,400円
 
それぞれ2種の具材が選べる・サラダ&ソフトドリンク付き
電話  078-331-3330   

 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© TAKAのトレンド情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.