弱虫ペダル実写映画化!永瀬廉主演で共演者は橋本環奈と伊藤健太郎

アバター
WRITER
 
弱虫ペダル実写映画化!永瀬廉主演で共演者は伊藤健太郎と橋本環奈
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

弱虫ペダル実写映画化決定!
 
 
『弱虫ペダル』
永瀬廉主演で実写映画化決定したことが
注目されています。
 
共演者には橋本環奈と伊藤健太郎。
 
 

渡辺航原作の人気スボーツ青春漫画の
『弱虫ベダル』が初めて
実写映画化されることが決まりました。
 
 
主演は、King & Princeの永瀬廉。
橋本環奈、伊藤健太郎らが共演する。
 
 

実写映画化される『弱虫ペダル』は
2020年8月14日(金)から公開されます。

 
 
弱虫ペダルは
渡辺航原作の人気スボーツ青春漫画と伝えられていて
ドラマ化もされている。
 
でも
弱虫ペダルって?と思ってる方も多いですよね。
 
この記事では実写映画化が決まった
弱虫ペダルにについての
情報をお伝えしていきます。
 
弱虫ペダルにについての事情を知りたいという方は、
最後まで読んでみて下さい。
 
それではまず、
弱虫ペダルとは?の情報からまとめていきます。
 
 

スポンサーリンク

 
 

弱虫ペダル実写映画化!
永瀬廉主演で共演者は橋本環奈と伊藤健太郎
弱虫ペダルとは

 
 
『弱虫ペダル』は、
渡辺航による日本の少年漫画作品。
 
通称「弱ペダ」。
 
秋田書店の『週刊少年チャンピオン』に
2008年第12号から連載中。
 
 
同社の少年チャンピオン・コミックスレーベルより
刊行される単行本の累計発行部数は
2018年5月時点で1700万部を超えている。
 
 
話数:
第1期:全38話 / 第2期:全24話
第3期:全25話 / 第4期:全25話
 
 
 
『弱虫ペダル』の概要
 
自転車競技(主にロードレース)を
題材にした本格的なスポーツ漫画
 
 
『弱虫ペダル』タイトルの由来
原作者の渡辺航が自転車に乗る際、

軽いギアで回転数をあげてクルクル回す乗り方を
勝手に弱虫ペダルと名付けていたものを採用
 
 
 
弱虫ペダル誕生のきっかけ
 
原作者の渡辺航が当時の担当編集との打合せの際
「最近何かハマっているのがないか」と聞かれたとき
 
渡辺航自身渡辺がロードバイク
購入して間もなかったじきであったために
「自転車」と話したことで、
それを漫画にしよう言われたことが始まり
 
 
 
弱虫ペダルのストーリー
 

千葉県立総北高等学校の新入生・小野田坂道はアニメやゲーム、
漫画や秋葉原を愛するオタク少年。
 
 
中学時代にオタクの友達ができなかった彼は、
高校こそは友達を作るため
アニメ・漫画研究部に入ろうとするが、
 
 
部員数減少のため活動休止中であると知り、
活動再開に必要な部員数を集めようと思い立つものの、
部員は集まらなかった。
 
 
そんなとき坂道は、
同級生の今泉俊輔から自転車レースを挑まれる。
 
 
中学時代に自転車競技で活躍していた今泉にとって、
学校裏の斜度20%以上の激坂をママチャリで、
しかも歌いながら登坂する坂道は
“信じがたい光景”であった。
 
 
「坂道が勝てばアニ研部に入っても良い」
と今泉に言われ、勝負を受けた坂道だが、
あと一歩のところで惜敗する。
 
 
それから数日後、
坂道は関西から引っ越してきたばかりの
少年・鳴子章吉と友人になる。
 
 
鳴子は中学時代に自転車競技で活躍しており、
ひょんなことから坂道はその実力を知ることになる。
 
 
2人との出会いで今までに経験したことのなかった
“自転車で速く走る楽しみ”を見出した坂道は、
アニ研部の部員集めを諦め、自転車競技部に入部する。
 
 
小学生のときから自転車で秋葉原に通い続けていた坂道は、
知らず知らずのうちに上り坂に
強いクライマーとしての基礎能力が鍛えられており、
 
 
その資質を見出されたことから、
先輩部員でクライマーの巻島裕介の
指導を受けることになり、才能を開花させていく。

出典元: 引用 Wikipedia

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 

スポンサーリンク

弱虫ペダル実写映画化!
永瀬廉主演で共演者は橋本環奈と伊藤健太郎

 
 


 
 

『弱虫ペダル』、永瀬廉主演で実写映画化決定! 
共演には伊藤健太郎と橋本環奈

 
 
弱虫ペダル実写映画化の詳しい記事はこちら
 

渡辺航原作の人気スボーツ青春漫画
『弱虫ベダル』が初めて実写映画化され、
8月14日(金)に公開されることが決定した。
 
 
主演は、King & Princeの永瀬廉。
伊藤健太郎、橋本環奈らが共演する。
 
 
永瀬演じる『弱虫ベダル』の主人公は、
地元・千葉から秋葉原にママチャリで通う
アニメ好きの高校生・小野田坂道(おのだ・さかみち)。
 
 
あることを きっかけに自転車競技部に入部することとなり、
そこで出会ったかけがえのない仲間たちのために、
自分の限界や壁を越え、
レースに勝利するための努力を重ねていく。
 
 
永瀬は、昨年12月より舞台公演や
年末の歌番組の合間を縫って、自転車練習をスタート。
 
 
2回目の練習では先生の指導の下、
40km近くを出し、3回目の練習では
山道を全力疾走するなど気合十分。
 
 
また、主人公・坂道の良きライバルである
今泉俊輔(いまいずみ・しゅんすけ)役を
演じるのは伊藤健太郎。
 
 
自転車競技部のマネージャー・寒咲幹(かんざき・みき)役
を橋本環奈が務める。
 
 
監督は、映画『植物図鑑 運命の恋拾いました』
『旅猫リボート』『隠れ“ビッチ”やってました』
を手がけた三木康一郎に決定している。

出典:Yahoo!ニュース

 
 
 

スポンサーリンク

弱虫ペダル実写映画化!
永瀬廉主演で共演者は橋本環奈と伊藤健太郎

 
 

スポンサーリンク

出演者、原作者、監督のコメント、
プロデューサーによる
出演者の起用理由は以下の通り。

 
出演者のコメント
 
永瀬廉【小野田坂道役】
 


 
 


 
 

まさか自分が実写映画で坂道くんを演じるとは
思っていませんでしたが、
すっかり原作とアニメにハマり、
気づくと朝になっている日々が続いています。

時間を忘れさせるくらい面白い、
素晴らしい作品に出演 できてとても光栄です! 

ひとつの競技に一生懸命になっている選手たちは、
キラキラしていて本当にかっこいいんです!

その魅力を映画でも伝えて、
時間を忘れさせるような作品にしたいと思います。

僕も弱虫にならないように(笑)、
自転車練習を頑張ってますので、
是非この夏を楽しみにしていてください。

 
 
 
橋本環奈【寒咲幹役】
 
 


 
 

今作はこのお話を受ける前から
原作を読ませて頂いておりました。

学生時代の、これぞ青春!
というような瑞々しさ溢れる物語で、
こぼしたくない一瞬一瞬が繊細に丁寧に描かれていて、
それに加え、自転車レースという題材で重要な要素となる、
スビード感溢れる絵がとても大好きです!

その作品の中で、
私はこの部活をなにかと支える
自転車オタクの役をやらせて頂きます。

実写化されるにあたって、
この魅力あるヒロインとして参加出来る事を
今からとても楽しみにしています。

 
 
 
伊藤健太郎【今泉俊輔役】
 
 


 
 

漫画やアニメなどでとても人気のある作品に
出させていただける事がとても嬉しいです。

また監督の三木さんともご一緒するのが2回目で、
信頼できる方なので今から楽しみです。

原作を飛び越えた実写ができればと思っていますので、
ぜひ楽しみにしていただければと思います。

 
 
 
原作者、監督のコメント、
プロデューサーによる出演者の起用理由

 
 
渡辺航(原作者)

坂道の自転車との出会い、友達との出会い、
新しい自分との出会いの物語です。

ボクも楽しみにしています!!

 
 
 
三木康一郎監督

原作が持っている疾走感や熱量、
登場人物たちの熱い想いをリアルに
映像としてどう伝えていくのか?
 
 
そう考えたとき、まず自分自身が登場人物たち以上の
熱量を持って挑む!という、
 
 
なんだか少年漫画のような結論に至ってしまいました。

出演者、スタッフ、この映画にたずさわる者たちの
熱量を皆さんに感じて頂ければと思います。
 
 
主演の永瀬さんとは初めてですが、
彼が持つ素直なところや、まっすぐなところ、
しかし、その奥にある強さや熱さなんかを、

主人公の小野田坂道を通して、
みなさんに伝えられればと思っています。
 
 
みんな必死で自転車の練習をしています!
彼らの努力や成長にも期待していて下さい。

 
 
 
寺西史ブロデューサー(出演者の起用理由)

【小野田坂道役】
「誰が演じるといいのだろう」
とずっと悩んでいた時に、永瀬廉さんをテレビで拝見して、
「この人しかいない!」と強く思いました。
 
 
「坂道」の持っている一生懸命さ、
明るさ、そして芯の強さ。
 
 
映画の中で描きたいと思っていた主人公が、
永瀬さんの中にありました。
 
 
永瀬さんの作り上げる小野田坂道が楽しみでなりません。
 
 
 
【今泉俊輔役】
努力型の天才であり、複雑な感情を持ったキャラクターです。
伊藤健太郎さんの、柔らかい部分もありつつ、
時折見せる鋭い目が、まさに今泉にビッタリだと思います。
 
 
坂道との出会いによって、
変化をしていく今泉を演じて頂けることが幸せです。
 
 
 
【寒咲幹役】
坂道の隠れた才能を“発見する人”です。
映画を見る観客の皆さんの気持ちに、
一番近いところに寄り添っていてくれるキャラクターです。
 
 
圧倒的な“華”を持った
橋本環奈さんが演じてくださることで、
映画に美しい光が差し込むことと思います。
 
 
『弱虫ペダル』
8月14日(金)公開

出典:Yahoo!ニュース
 
 
 

弱虫ペダル実写映画化!
永瀬廉主演で共演者は橋本環奈と伊藤健太郎
ネットでの世間の反響は

 
弱虫ペダル実写映画化について
ネットでは様々な意見が飛び交っています。
 

くれぐれも「ケガのない」ように撮影してください・・・
ドラマ版では、役者さんがたいへんなケガもありましたので・・・

 

ドラマは大怪我してたよね。
原作は一年めも二年めも同じような結果。

二年目は完全に蛇足だったね
わけわかんないキャラたくさんでてきて。
ひとがふくらんだり。笑

そしていまはマウンテンバイク。。
まさしくオワコン。
れんくんがんばれーーーーー!!!!

 

実写映画する場合、橋本環奈が多い

 

それよりも、アニメはどうなってんの?
インターハイ途中で終わっちゃってんだけど。

 

「べダル」ではなくて「ペダル」ですよー

 
滝川さん
 

人気スボーツ青春漫画てなんですか?ひどいです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200118-00010001-piaeigat-movi

 
 
 
私は『弱虫ペダル』については
知らなかったのですが
ネットの意見を見る限り
評判は必ずしも良くないです。
(まだ少数意見なので判断は難しい)
 
 
ニュース記事では
人気スボーツ青春漫画となっていますが
人気スポーツマンガといえば
『SLAM DUNK』(スラムダンク)や
『キャプテン翼』が真っ先に思い浮かびます。
 
 
映画化されるということは
ある程度評価を得ていないと実現できないので
今後のネットでの反響には
注目してみましょう。
 
 
 

弱虫ペダル実写映画化!
永瀬廉主演で共演者は橋本環奈と伊藤健太郎
まとめ

 

  • 弱虫ペダルとは?
  •  

  • 映画『弱虫ペダル』の主な出演者は
    永瀬廉・橋本環奈・伊藤健太郎
  •  

  • 映画『弱虫ペダル』は
    8月14日(金)公開

 
 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© TAKAのトレンド情報お届けブログ , 2020 All Rights Reserved.