パーマリンクの設定変更しましたので、「ページが見つかりませんでした。」と出ます「キーワード検索」窓からどうぞ 現在1記事づつ修正しております。ブログは運営していきます 

バレンタインデーの起源や由来は?日本ではいつ頃から始まった?

アバター
WRITER
 
バレンタインデーの起源や由来は?・日本ではいつ頃から始まった?
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

バレンタインデーの起源や由来は?
 
毎年2月14日はバレンタインデーですね。
日本では女性が男性にチョコレートなどを渡す日ですが、
バレンタインデーの起源や由来
また、日本ではいつごろ始まったのが
気になったので調べて見ました。

スポンサーリンク


 
 

バレンタインデーの起源はいつ?

一般にバレンタインデーの直接的な起源といわれているのは、
西暦496年まで遡ります。
この当時の教皇ゲラシウス1世が
2月14日を「聖ヴァレンティノの記念日(St. Valentine’s Day)」
制定したことが起源といわれています。
 
聖ヴァレンティノとは約200年前の西暦270年頃に
ローマ皇帝によって処刑されたキリスト教司祭です。
2月14日に、彼が処刑された日がであったことが
制定の理由とされています。
 
バレンタインデーが「恋人たちの日」といわれるようになったのは、
起源と言われている西暦496年から約1000年後の14世紀以降です。
 
 

スポンサーリンク

バレンタインデーの由来は?

キリスト教司祭の「聖ヴァレンティノ」がバレンタインの由来です。

フランスやイギリスやでは(旧暦の)2月14日頃には
小鳥がさえずり始める時期であることなどから
愛の告白に相応しい季節 」と考えられていたという説があります。
ジェフリー・チョーサーの詩などの文学的作品によって、
印象が広まったのはが大きいようです。
 
Valentine」という単語につてはは、
15世紀以降の作品では恋愛や恋人と関連付ける単語として
多く登場するようになりました。
そしてこの頃から男性から女性へ愛情を表現したり、
また、愛の言葉を記したメッセージカードを送るなどの風習が定着してきたのです。
 
 
やがてこの風習はアメリカ大陸へも伝わっていき、
バレンタインデー」の習慣となっていきました。
 
そして、バレンタインデーは、西ヨーロッパやアメリカ・カナダなどでは、
恋人達のイベント として定着していきます。。
 
 
19世紀頃になるとメッセージカード以外にも、
チョコレートアクセサリー花束などの
プレゼントを渡す風習も広まっていき、
ハロウィンなどと同じく、宗教的な式典と言うよりは
むしろ商業的なイベントとしての色のほうが濃い地域が多くなっていきます。
 
 

スポンサーリンク

バレンタインデーでチョコレートは、日本独特の風習

 

 
バレンタインデー
チョコレートを渡すのをメインとしている国は日本と韓国くらいです。
 
 
特に日本は海外からは、
かなり独特なバレンタインデーを過ごす国として知られています。
日本に住んでると当たり前でも諸外国から見ると
変わった風習と思われているようですね。
 
ご存知の方も多いと思いますが、
この日本のチョコレートを渡すという習慣は、
製菓子会社の陰謀」という説があります。

食品会社の陰謀としては、
日本人は朝、昼、晩と3度の食事もあたりまえの習慣となっています。
人間は1日、1~2食で十分なのに3回も取ってるのです。
私は、外食するとき以外は、食事は1日1回です。
これも習慣で慣れたらこれで十分なのです。
 
 

バレンタインデーでチョコレートは、日本ではいつ頃から始まった?

日本式バレンタインデー 」の起原には、
実はいくつかの説があります。
 
[モロゾフ]説
1936年(昭和11年)2月12日にモロゾフ株式会社が
ジャパン・アドバタイザー」という日本の英字新聞に
バレンタインにチョコレートを贈りましょう」という広告を掲載した。
 
 
[メリーチョコレート]説
1958年(昭和33年)2月にメリーチョコレートカムパニーという会社が、
バレンタインセール」というキャンペーンを伊勢丹新宿本店で行った。
しかしこの企画は大失敗で、
売れたチョコレートは、板チョコ5枚(1枚30円)のとカード5枚(1枚4円)だけだった。

しかしメリーチョコレートカムパニーはここで諦めずに、
翌年には、ハート型のチョコレートを作り、
バレンタインデーは年に1度、女性から男性へチョコレートを贈って愛の告白を
という宣伝を仕掛けています。

ここでバレインタイン=女性から男性にチョコレートという
日本式バレンタインがはじまったのではないでしょうか!?
 
 
[森永製菓]説
1960年(昭和35年)に森永製菓は、
愛する人にチョコレート添えて手紙などで贈りましょう! 」という
新聞広告を出し始めています。
このときのチョコレートはメインではなくおまけ的存在でした。
 
 
[伊勢丹]説
1965年(昭和40年)に伊勢丹がバレンタインデーフェア を行うことにより、
世間に「バレンタインデー」というものが広く知られるようになった。
 
 
[ソニープラザ]説
有名な起業家でもあるソニーの創業者の盛田昭夫氏が
日本のバレンタインはうちが作った!」と語られています。

1968年(昭和43年)には、ソニープラザが「バレンタインフェア」を行いました。
このフェアで日本でで「バレンタインデーにチョコレートを贈る 」ということを
流行らせようとしたと言われています。
 
と日本式のバレンタインデーにはいろいろな諸説がありますが、
やはり一般的には、企業が仕掛けたという認識が強いです。
 
 
バレンタインデーのチョコレートが定着したのは、1970年代 です。
私は1965年(昭和40年)生まれで、小学生のころが丁度
1970年代になるのですが、もうそのころには定着していました。

そしてまさに私が過ごしていた小学生時代には、
小学生から高校生くらいのティーンエイジャーを中心にして、
好きな人にチョコを渡して告白する!」という事が自然と行われるようになります。

このことが話題となりメディアで多く取り上げられるようになり、
ブームとなって定着していきました。
 
 

ホワイトデーは?

バレンタインデーといえば、連想されるワードの中で
上位になるのはホワイトデー ですね。

ホワイトデーが定着したのは、1980年代といわれています。
アメリカではこの習慣はありません。

ホワイトデーは、聖ヴァレンティノ司教の殉教からひと月後に、
「その男女は改めて二人の永遠の愛を誓い合った」
という話に由来します。
ヨーロッパなど世界中の多くの人に語り継だれて、
「クッキーデー」「マシュマロデー」「フラワーデー」「ポピーデー」
などと呼ばれていた。

日本では1978年に行われた全国飴菓子工業協同組合の名古屋総会で、
全飴協ホワイトデー委員会を組織する決議が行われて、
「ホワイトデー」と定められて1980(昭和55年)年3月14日から始まりました。
 

ホワイトデー – 語源由来辞典
出典元: 引用 語源由来辞典

 
 
尚、この1980年代には「義理チョコ」という言葉も登場しています。
私も社会人時代は毎年、「義理チョコ」をいただいていたので、
ホワイトデーには必ず「クッキー」でお返ししていました。
 
 

まとめ

バレンタインデーの起源
西暦496年に教皇ゲラシウス1世が2月14日を
「聖ヴァレンティノの記念日(St. Valentine’s Day)」と制定したこと。

バレンタインデーの由来
西暦270年頃にローマ皇帝によって処刑された
「聖ヴァレンティノ」というキリスト教司祭の名前が由来。

19世紀頃からチョコレートやアクセサリーや花束やなどの
プレゼントを渡す風習が広まる。

バレンタインデーで日本独特の風習となったチョコレート

日本式バレンタインデーの起原には、いろいろな説がある。
「モロゾフ説」
「メリーチョコレート説」
「森永製菓説」
「伊勢丹説」
「ソニープラザ説」

1970年代に定着した。

ソニーの創業者である盛田昭夫氏は
「日本のバレンタインはうちが作った!」と語られている。

ホワイトデーは、1980年(昭和55年)3月14日から始まった。
このころに「義理チョコ」という言葉も登場。
 
 

バレンタインデーで普通ではないチョコのもらい方!

P.S.
 
小学校のときの話です。
毎年、2月14日のバレンタインデーになると
私はそわそわしていました。

今年こそは、チョコレートもらえるかな~ 」と。
がしかし、私は6年間、一度も普通にはもらえませんでした。 ガーン!
 
でもね、小学4年生のときこんなことがありました。
あるAさんという女の子の相談によく乗っていて、
私はAさんとは友達でした。 女の子の友達だけは多かった。
 
そしてAさんはK君のことが好きで
バレンテインデーにチョコレートを渡したいという相談も
受けていていました。
私なりにアドバイスをしていたのですが・・・
結局、Aさんは、K君に
渡すことができなかったのです。

その渡すことができなかった「チョコレート」が
なんと私のところにきました。
そういまでいう「義理チョコ」なのです。

渡せなかったからコレ、TAKA君に上げる。
・・・複雑な気持ちでしたがせっかくもらったので、
学校で隠れて食べました。(家じゃないのかい!)
この時、義理チョコとしてもらったチョコレートはいまでも販売されています。
 

 
あなたはこんな経験はありませんか?
 
 
バレンタインのお勧めデートスポットの記事はこちら
バレンタインのサプライズお勧めデートスポットはイルミネーション
 
 
アメリカではホワイトデーはありません!
詳しくはアメリカ在中のお知り合いの「イェイちゃん」が記事にされていますよ! 
ブログのイラストがとてもかわいいです。
記事はこちら
【アメリカのバレンタイン】男性が女性をもてなすよ!やり方を伝授
 
 
私が使っているWordPressテーマ






この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© TAKAのトレンド情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.