「台風2019」17号「ターファー」が発生!予想進路や関連情報など

アバター
WRITER
 
「台風2019」17号「ターファー」が発生!予想進路や関連情報など
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

9月21日~23日の3連休
今年は台風の影響があります。
9月21日 更新
 
 


出典:台風情報 – Yahoo!天気・災害
 
 
大型で強い台風17号「ターファー」は、9月21日(土)正午現在
久米島の西北西約110キロにあって
時速20キロで北北西に進んでいます
 
 
中心気圧は970ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は35メートル
最大瞬間風速は50メートル
となっています。
 
 
台風は沖縄地方にかなり接近しており
沖縄本島地方や先島諸島の一部が暴風域に入っています
 
 
今後、台風は東シナ海を北上し、9月22日(日)には
九州に接近する見込みです
さらに、9月23日(月)から24日(火)にかけて
日本海を北東に進み
温帯低気圧の性質を帯びつつ勢力を保ったまま
北陸から北日本に接近するおそれがあります

沖縄地方と奄美地方では9月21日(土)夕方にかけて
暴風や猛烈なしけが続くでしょう

暴風や高波、高潮などに厳重な警戒をしてください
 
 
台風17号「ターファー」
大型の台風17号は、20日(金)正午現在
宮古島の南東約280キロにあって
西北西にゆっくり進んでいます。
 


出典:台風情報 – Yahoo!天気・災害
 
この台風は今後発達しながら
21日(土)に沖縄地方に最も接近した後
22日(日)には九州を中心とした
西日本に接近する見込みです
 

3連休の予定を立てられている方は
台風情報をこまめにチェックする事を
オススメします!

 
 
台風17号「ターファー」では
関東は風に注意
沖縄・西日本では雨・風に注意
場所によっては竜巻も!
 
 
今年は台風での被害が多い年となっていますので
事前準備をすることは
かなり重要になってきます。
 
地震や台風災害の防災グッズ「これだけは欠かせない!」厳選4選
 
 
スポンサーリンク

 

「台風2019」台風17号「ターファー」が発生!

 
 
 

台風17号「ターファー」についてですよ!

 
 
 
スポンサーリンク

台風17号 事前に備えるべき暴風対策

 

出典:ウェザーニュース
 
 
一戸建ての場合は
暴風で被害に遭う箇所は主に
屋根の棟部分なので
 
瓦やスレートなどの割れや棟に打ってある
板金に浮きがあれば
修理しておく必要があります
 
 
台風が近づいてきて
平均風速20m/sを超えると
瓦や屋根材が飛ぶ可能性があり
想像以上の被害をもたらすことがあるのです
 
 
また、ベランダや庭に置いてあるものを
できるだけ家の中に取り込んでください
 
 
ほうきやごみ箱なども強風に
飛ばされればガラスを割るなどの被害を及ぼします
 
 
物干し竿などは外し
物干し台は倒しておくか
取り込んでおくと安心です
 
 
軽いものでも強風で飛ばされると
凶器になりかねないので
できる限り家の中に取り込んでください。
 
 
窓ガラスはある程度強化されているので
風だけで割れることはあまりありません
 
 
むしろ多くは
風で飛ばされてきたものが
ぶつかることが原因です
 
 
ですから、雨戸やシャッターがあれば
閉めておきましょう
 
 

意外と盲点なのが網戸

 
窓ガラスより外側についているのが網戸です
網戸は建付けが悪いとはずれて
飛ぶ可能性がありますので
はずして家の中に入れるのが一番簡単で安心です
 
 
台風は避けることができません
しかし事前に準備をしておけば
被害を少なくできます
 
 
さらに、気象情報などで
暴風が予想される場合には
外出など屋外での行動は控えるとともに
車の運転も避けたほうがよいでしょう
 
出典元: 引用 ウェザーニュース
 
 
 

スポンサーリンク

台風17号情報

 
大型の台風17号は、20日(金)正午現在
宮古島の南東約280キロにあって
西北西にゆっくり進んでいます
 
 
中心気圧は985ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は23メートル
最大瞬間風速は35メートル となっています
 
 
この台風は今後発達しながら21日(土)に
沖縄地方に最も接近した後
22日(日)には九州を中心とした
西日本に接近する見込みです
 
 
その後、温帯低気圧の性質を帯びつつ
勢力を保ったまま23日(月)から24日(火)に
かけて北日本や北陸に接近するおそれがあります
 
 
沖縄地方では20日(金)から
うねりを伴った大しけとなり
非常に強い風が吹くでしょう
 
 
21日(土)はさらに風が強まり大荒れとなり
猛烈なしけとなる見込みですので
暴風や高波には警戒が必要です。
 
 
 

台風17号 (ターファー)の概要

 
名称: TAPAH(ターファー)
大きさ:大型
強さ:強い
存在地域:久米島の西北西約130km
中心位置:
北緯26度55分
東経125度40分
進行方向:北北西
速さ:20km/h
中心気圧:970hPa
最大風速:35m/s
最大瞬間風速:50m/s
暴風域:(25m/s以上)
東側260km
西側90km
強風域:(15m/s以上)
東側650km
西側560km
 
 
 

台風の名前について

 
台風17号は『ターファー』と名付けられた。
 
台風17号の名前「ターファー」は
マレーシアが用意した名前で「なまず」 です。
 
 
台風の名前は、「台風委員会」
(日本含む14カ国等が加盟)などが提案した名前が
 
 
あらかじめ140個用意されていて
発生順につけられます
 
 
準備された140を繰り返して使用
(140番目の次は1番目に戻る)されますが
 
 
大きな災害をもたらした台風などがあると
加盟国からの要請によって
 
 
その名前を以後の台風では使用しないように
別の名前に変更することがあります

 
 
 

台風の規模について

 
テレビなどで
「超大型台風」「猛烈な台風◯号」などと
表現されたりしますが、
 
あなたは、台風が発生した時に疑問に
思う事ありませんか?
 
超大型猛烈な、とは
具体的にどのくらいの強さや大きさなのかって
基準がわかりずらいですよね。
 
 
 

台風と熱帯低気圧と温帯低気圧のちがいは?

 
よくテレビで
『台風は熱帯低気圧に変わりました』
 
『台風は温帯低気圧に変わりました』
と言われますがどういうことなのでしょうか?
 
 
『熱帯低気圧』 は、
台風の赤ちゃんなんですね。
 
 
では、熱帯低気圧から、
台風に変わる境目とは
何なのでしょうか?
 
 
熱帯低気圧の中心に向かって、
地球の自転の影響で、
反時計回りに風が吹き込みます。
 
 
そして、うずを巻くようになり、
さらにらせん状の上昇気流となって
積乱雲がたくさん発生していきます。
 
 
これを何度もくり返すうちに、
大きなうず雲に成長します。
 
 
うずの中心に近いところが
一番風が強くなり、
この中心付近の
『最大風速』が秒速17m以上になったものを
台風と呼びます。
 
 
熱帯低気圧の中心付近の
風の強さが、秒速17m以上で
熱帯低気圧から台風と呼び名が変わるので
雨の量とかは台風の定義では関係ありません。
 
 
 
台風から温帯低気圧へ
 
熱帯低気圧から風の強さが、
秒速17m以上で台風となり

台風は勢力を増しながら北上していきます。
 
 
そして進路によっては、
日本列島にやってくるのです。
 
 
陸地にあがったりしていくうちに、
だんだんと気温の低い地域に
たどり着きます。
 
 
熱帯から温帯へと、
気温が低い地域にまで進むと、
台風のエネルギー源である
水蒸気が取り込まれなくなります。
 
 
そして、冷たい空気と暖かい空気が
うずを巻いて混ざり合おうとすることで
台風の構造の性質が変化するのです。
 
 
この変化したものが
『温帯低気圧』と呼ばれるのです。
 
 
そのため、台風が温帯低気圧に変わっても
雨や風が弱まるわけではありません。
 
 
また、最大風速が秒速17m以上になっても、
温帯低気圧を台風とは呼ばないのです。
 
 
箇条書き
台風と熱帯低気圧は、
性質は同じ

温帯低気圧は、
台風と熱帯低気圧とは
違う性質のもの
 
 
 

超大型の台風は日本列島がほぼ覆われる

 
台風の大きさは、
大型と超大型の2種類に分けられます。
 
 
大型台風は、
風速15m/s以上の「強風域」の
半径が500km〜800km未満のものを指します。
 
 
超大型は、「強風域」の半径が800km以上。
 
 

出典:ウェザーニュース
 
図は、それぞれの台風を日本列島と比較したもの。
超大型ともなると、
日本がほぼ覆い隠されてしまいます。
 
 
猛烈な台風は最大風速54m/s以上
 

出典:ウェザーニュース
 
台風の強さは、図のように、
中心付近の最大風速によっ3段階になっている。
 
 
一つの基準として、
「暴風域」の基準となる風速25m/s以上になると
普通に立っていられず、
通常の速度での車の走行も困難になります。
 
 
このことを基準に考えると、
体感でどれだけ強い勢力なのかが想像しやすいと思います。
 
 
ただできれば、外出はしないほうがいいですが、
外出中に台風に遭遇したときの時に
覚えておいてもいいですね。
 
 
また、瞬間最大風速 という言葉を聞いたこと
あると思いますが、
瞬間的にはそれ以上の暴風が吹く恐れもありますので
台風のときは、石橋を叩いて渡るぐらいの気持ちが必要です。
 
 
まぁ、大丈夫だろうというのが
一番危険だということを覚えておきましょう。
 
 
猛烈な台風ともなれば、
多くの建物の屋根が壊れ、
海岸線の近くでは洪水が発生したり
 
 
短時間で強い雨が続けば
排水のキャパシティーを超えることも
起こり、道路に水が溢れ出したり
家屋に浸水することもあります。
 
 
 

台風で一番注意する事は

 
上記このことからも
台風で一番注意する事は
雨の強さや量です。
 
 
一般的な台風情報というのは
風についての情報になりますので
 
 
細かい地域での雨の量は
実際に住んでいる方しか
わからないということがあります。
 
 
特に局地的は豪雨とかは
テレビなどのメディアの情報では
つかみにくいので注意が必要です。
 
 
建物の中でも「ゴーっ!」というような音の雨が
10分以上続いたときは
 

即、避難の準備に入るぐらいの
心構えが必要なことを肝に銘じておきましょう!

 
 
今年は台風での被害が多い年となっていますので
事前準備をすることは
かなり重要になってきます。
 
地震や台風災害の防災グッズ「これだけは欠かせない!」厳選4選
 
 
 

まとめ

 

いかかでしたか?

 
  • 今回は「台風17号」について紹介させていただきました。
  •  

  • 事前に備えるべき暴風対策
  •  

  • 台風の名前について
  •  

  • 台風と熱帯低気圧と温帯低気圧のちがいは?
  •  

  • 台風と熱帯低気圧は、
    性質は同じ
  •  

  • 温帯低気圧は、
    台風と熱帯低気圧とは
    違う性質のもの
  •  

  • 台風の規模について
  •  

  • 超大型の台風は日本列島がほぼ覆われる
  •  

  • 台風で一番注意する事は
  •  

  • 是非、参考にしてくださいね。

 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.