熊本県立高校教諭が懲戒免職!7月に県少年保護育成条例違反で逮捕

アバター
WRITER
 
熊本県立高校教諭が懲戒免職!7月に県少年保護育成条例違反で逮捕
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

教職員の事件が後を絶たない。
ここ数年本当に多いですね。
 
 
ただ、教職員や警察官など公務員職の場合は
実際の犯罪でメディアに取り上げる確率が
圧倒的に高いということもありますが
それにしても多すぎる。
 
 

事件に大きいも小さいもないと
誰かがいっていますが誰かがいっていますが(by 青島俊作)
 
 
ほんと世間をざわつかせるような事件から
窃盗などまでたくさんある。
 
 
子供の教育をしなければいけない立場にある
職種だけに

世間からのバッシングなどの

風当りは自然と強くなります!

 
 

スポンサーリンク

 
 
 

熊本県立東稜高校教諭が懲戒免職

 
熊本県教育委員会は
高校の女子生徒にみだらな行為をしたとして
逮捕された県立高校に勤務する男性教諭を
3日付けで懲戒免職の処分にしました
 
 
懲戒免職の処分を受けたのは、
県立東稜高校の久保一孝教諭(43)です
 
 
熊本県立東稜高等学校
 

 
所在地: 〒862-0933 熊本県熊本市東区小峯4丁目5−10
 
 
久保一孝教諭は県内の高校の女子生徒に
みだらな行為をしたとしてことし7月に
県少年保護育成条例違反の疑いで逮捕され
その後、不起訴処分となりました
 
 

久保教諭は聞き取り調査に対し
不適切な行為をしたことを認めており

県教育委員会は、社会の期待と
信頼を著しく裏切ったとして
3日付けで懲戒免職の処分としました
 
 
古閑陽一教育長は
「教育に対する信頼回復に向け
教職員の服務規律の確保に一丸となって
取り組んでまいります」
とコメントしています。
 
 
 

スポンサーリンク

県少年保護育成条例違反とは

 

青少年の保護と健全育成を目的とし
青少年の逸脱行動を禁止し

また青少年にとっての有害な環境を浄化するために
制定されている地方公共団体の条例の総称
 
 
ほぼすべての都道府県において制定されており
有害な図書などの販売規制(→有害指定図書)
みだらな性行為(いわゆる淫行)の禁止
夜間外出の制限などが共通の内容となっている
 
 
規定に明確性を欠く場合があることや
各条例により規制の内容や違反行為に対する
刑罰の重さがかなり違うことなどに
関して批判的な意見もある
 
出典元: 引用 青少年保護育成条例とは – コトバンク

 
 
各県の青少年保護育成条例はこちら

都道府県青少年保護育成条例集(平成20年12月1日現在)
 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.