岡本昭彦社長会見で吉本闇営業問題に新たな展開「強制捜査」に着手か?

アバター
WRITER
 
岡本昭彦社長会見で吉本闇営業問題に新たな展開「強制捜査」に着手か?
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~。 プロブロガーのたかおっちです。
 
一連の吉本闇営業問題が、新たな展開を迎える様だ。
 
 
22日の吉本・岡本昭彦社長(52)会見を開き、
先に契約解除となった雨上がり決死隊・宮迫博之(49)と
ロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)の処分を撤回
 

出典:毎日新聞
 
 
翌23日に吉本現経営陣を厳しく批判、
退所を匂わせる極楽とんぼ・加藤浩次(48)と
吉本・大崎洋会長(65)が急遽会談するなど、
事態は時々刻々急を告げている。
 
 
そうした中、警察当局が今回の闇営業に関し、
吉本興業と関係した芸人に対し
「強制捜査」に入ると情報が飛び込んで来た…
 
果たして、警察当局が動き出したその背景とは…?
 
 

スポンサーリンク


 

岡本昭彦社長会見で吉本興業闇営業問題に新たな展開

 
 
 

吉本興業闇営業問題についてですよ!

 
 
 
スポンサーリンク

吉本興業闇営業問題で警察当局はどう動きだそうとしているのか?

 
警察関係者からのタレコミによると、
今回の「吉本闇営業問題」を担当すると見られているのは、
警視庁の組織犯罪対策第四課…通称「暴対」だ。
 
 
当初「闇営業問題」に関し、
事件性が無いと見た警察当局は静観の姿勢を取っていたのだが…
 
 
風向きが変わったのは『スリムクラブ』の暴力団関係者への直営業が発覚してからです。
 
捜査関係者の間では、
元カラテカ・入江慎也(42)を通して闇営業に関わった関係を
『入江ルート』と呼び、
 
スリムクラブが関わった関係を
『直ルート』と呼んで、内定を進めていたそうです。
 
 
『入江ルート』 に関しては、
元受けだった元カラテカ・入江が情報の管理元だったので、
吉本も「知らぬ存ぜぬ」でシラバくれることが出来ました。
 
 
しかし『直ルート』 では、
『スリムクラブ』が直接暴力団関係者からの
コンタクトを受けた訳で、
 
いわゆる暴力団対策法では
『スリムクラブ』の使用者たる吉本興業も、
闇営業に加担した…つまり同罪扱いになるのです。
 
 
相手側を別件でガサ入れする口実が必要で、
 
そこから吉本へカマ掛ける事になりそうですが、
 
どうやらお膳立てが出来たようですね。(警察関係者談)
 
 
 

スポンサーリンク

吉本闇営業問題で官僚たちからも
期待されている「吉本強制捜査」の行方

 

出典:写真素材・イラスト素材|アマナイメージズ
 
一方、警察当局の吉本強制捜査に向けた動きに、
霞が関の官僚たちが密かに支援をしているという
情報も飛び込んで来た。
 
 

吉本興業闇営業問題である霞が関ウォッチャーはこう証言する。

 
【既に検察庁は、暴対(組織犯罪対策第四課)と
吉本問題で密接に内定情報の共有を図っています。
 
 
万一吉本経営陣と反社会的勢力…
特に暴力団…との関係が特定されれば、

闇営業がグレーでも商法の背任行為事件として、
 
特捜(東京地検特捜部)が踏み込む段取りを組んでいるので、
かなり密接に情報交換やっていますよ。
 
 
そして警察(暴対)・検察当局の
ガサの実現を心待ちにしているのは、
ズバリ国税当局です。
 
 
ジャニーズなど大手芸能事務所
不明瞭なカネの流れを明らかにするために、
吉本を試金石にしようと手ぐすねを引いて待っています。
 
 
吉本へのマルサ(国税査察官)ガサ入れが実現すれば、
次はジャニーズやバーニングへとターゲットが禎っており、
 
密かに税理士・会計士の団体に対して
『捜査実施時の協力要請』が行われたそうです。】
 
 
 

吉本ガサ入れで当局がクビを狙う「もう一つのターゲット」とは?

 

出典:【闇営業】島田紳助さんが激白…「元々は宮迫博之が悪い」「大崎クビにしたら会社潰れんで」
 
そして警察関係者は、語気を強めて「ある事」を語る。
 
 
警察や検察関係者は
『今度こそ紳助を挙げてみせる』と息巻いています。
 
 
2011年に山口組との交際が明るみになり、
島田紳助は逃げる様に吉本を後にしますが、
最近の闇営業問題で突如メディアに登場するなど、
復帰へ意欲満々です。
 
 
「紳助事件」 の際、
警察当局は「あと一歩」のところで紳助を逃しました。
 
 
つまり、暴力団への利益供与した
民間人への処罰規定が無かったのです。
 
 
ところが暴対法が改正され、
利益供与したor今回の闇営業の様な事をした
民間人に対して処罰出来るように法改正がなされたのです。
 
 
要するに、今回の闇営業問題を突破口に
島田紳助の過去を暴けば、時効の壁はあるでしょうが、
時効前の事案で逮捕出来る訳です。
 
 
例え微罪とは言え、
手錠を掛けられた島田紳助の姿を見れば、
芸能関係者もさすがに復帰はNO!と
言わざるを得ない…
 
それが警察&検察当局の目論見なのです。
 
 
確かに紳助はキレ物ですから、
そう簡単に捕まらないでしょうが、
 
今回は警察&検察共に威信を掛けて
紳助をパクリに来るでしょうから、
いよいよ紳助も年貢の納め時ってとこでしょうか?
 
 
 

今後の吉本興業の動向に注目です

 
吉本闇営業問題は、いよいよ警察当局が介入する
「一大反社会勢力追放キャンペーン」の様相を呈してきた。
 
 
過去逃げ延びた島田紳助のクビにも、
警察&検察当局から「懸賞」が
欠けられたと言っても過言ではない。
 
 
果たして…吉本の明日や如何に?
 
 
 

まとめ

 

いかかでしたか?

 
  • 今回は「吉本興業闇営業問題」について紹介させていただきました。
  •  

  • 吉本闇営業問題で警察当局は
    どう動きだそうとしているのか?
  •  

  • 吉本闇営業問題で官僚たちからも
    期待されている「吉本強制捜査」の行方
  •  

  • ある霞が関ウォッチャーの証言
  •  

  • 吉本ガサ入れで当局がクビを狙う
    「もう一つのターゲット」とは?
    島田紳助だ。
  •  

  • 今後の吉本興業の動向に注目です

 
 








私が使っている検索エンジン最適化(SEO)100点満点の評価のWordPressテーマ


 





この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.