普通のネットおじさん「たかおっち」が様々なジャンルの情報を発信するトレンドブログです

乳児湿疹にはステロイド軟膏を使用 清潔にしてガーゼを使う!

アバター
WRITER
 
乳児湿疹は母親の大きな悩みです。 乳児湿疹とは、 顔や体などに見られる湿疹のことで 生後2、3週間から2ヶ月頃に 多く見られるといわれています。 発症したら肌を清潔にして、保湿も徹底する 清潔にしてガーゼを使ういましょう 乳児湿疹にはステロイド軟膏を使用 早めの受診で早めに治そう 皮膚科か小児科どちらでも治療可能です
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~。 プロブロガーのたかおっちです。
 

子育て中のママに教えていただいた
体験談について書かせていただきます。

 
 
赤ちゃんのお肌は、すべすべで
ずっと触っていたい気持ちになりますよね。
 
 
そんな赤ちゃんですが、
実は肌トラブルに悩まされることも多いんです。
 
 
今回は肌トラブルの1つである、
乳児湿疹について取り上げたいと思います。
 
 
スポンサーリンク


 

乳児湿疹のケア

 
 
 

乳児湿疹についてですよ!

 
 

乳児湿疹とは

 
乳児湿疹とは、
顔や体などに見られる湿疹のことで、
生後2、3週間から2ヶ月頃に
多く見られるといわれています。
 
 
原因は、皮脂の分泌量が多いことや、
アレルゲンとの接触など、
様々な原因によって引き起こされます。
 
 
症状の度合いも、赤ちゃんによって色々で、
ほとんどは軽度で落ち着くことが多いようです。
 
 
しかしながら、
二人の我が子は乳児湿疹がひどく、
長い間悩まされました。
 
 
 

スポンサーリンク

我が子は生後1ヶ月で乳児湿疹に

 
一人目の我が子に初めて湿疹が現れたのは、
生後1ヵ月のこと。
 
顔にポツポツと赤い湿疹が現れました。
 
痒みがあるのか顔を掻いてしまうため、
いつもミトンをつけていました。
 
 
特に、頬の湿疹の状態がひどく、
いつも真っ赤なほっぺをしていました。
 
 
生後3ヶ月の頃が1番ひどくて、
湿疹の掻いたところがじゅくじゅくして
かさぶたになってしまいました。
 
 
3ヶ月検診の際、お医者さんに相談すると、
清潔にしてあげることが大切 だと
教えられました。
 
 
ネットでもたくさん調べて、
様々な方法を試しました。
 
 
 

スポンサーリンク

ケア①肌を清潔にして、保湿も徹底

 
まず、こまめに肌を拭くようにしていました。
 
拭く際は、必ずガーゼを使い
肌に刺激を与えないように気を付けます。
 
拭く頻度は、朝・昼・お風呂の計3回です。
 
お風呂では、泡ソープを使って優しく洗います。
 
洗ったり拭いた後は、乾燥するので
必ず保湿を行います。
 
 
ただ、保湿液によって
痒みが生じる場合もあるので、
じゅくじゅくしている部分には
塗らないようにしていました。
 
 
 

スポンサーリンク

ケア②肌が触れる部分にはガーゼタオル

 
また、布団など顔が触れる部分には、
必ず清潔なガーゼタオルを引きました。
 
 
そうすることによって、汚れてもすぐ交換でき、
常に清潔な状態を維持できます。
 
 
肌にもやさしいので、
寝返りなどで顔が擦れても
痒みが出にくくなります。
 
 
 

スポンサーリンク

ケア③市販の軟膏を使用

 
また、必要に応じて
市販の軟膏を使っていました。
 
 
私はステロイドの薬を使うことに
抵抗があったため、
 
 
ステロイドの入っていない軟膏を
使用していました。
 
 
病院では、ほとんどの場合、
ステロイドが処方されると聞き、
受診することもありませんでした。
 
これについての反省は、後に述べます。
 
 
 

スポンサーリンク

乳児湿疹は母親の大きな悩み

 
様々な努力を続け、生後5カ月頃には
顔のじゅくじゅくはなくなりました。
 
 
ただ、他の赤ちゃんのように
綺麗なすべすべのお肌には
まだ程遠く感じられました。
 
結局湿疹が完全に落ち着いたのは、1歳頃です。
 
それまでは、治ったと思っても
またすぐ湿疹が出る、その繰り返しでした。
 
 
子供の乳児湿疹が治らないと、
とても不安になりますよね。
 
 
私も検診で
いつか自然に治ると言われていたのですが、
 
 
このままアトピーになったらどうしようとか、
跡が残ったらどうしようとか、
不安でした。
 
 
可愛い子供の写真を残そうとカメラを向けても、
どうしても顔の湿疹ばかりに
目が行ってしまう自分がいました。
 
 
湿疹がひどい時は、
自分だけでなく周りの目も気になります。
「あら、可哀想ね。どうしたの?」
 
 
と声をかけられる度、
子供を隠したいと思うこともありました。
 
 
たかが湿疹ですが、
子供が可哀想なだけでなく、
 
 
母親自身のメンタルも
やられてしまうことがあるんです。
 
 
 

ケア④病院で症状を診てもらう

 
一人目の経験があったため、
二人目に乳児湿疹が現れた時も
過剰に反応してしまいました。
 
 
ただ一人目の時と違ったのは、
上の子のかかりつけ医さんに
一度診てもらおうと思ったことでした。
 
 
病院に連れて行くと、下の子の湿疹は
乾燥が原因であるとの診断を受けました。
 
 
じゅくじゅくとして赤くなった頬は、
痒みも出ているとのこと。
 
 
痒くて掻いてしまうため、ここまで悪くなると
早めに治した方がいいと言われました。
 
 
そして、登場したのがやはり
ステロイド軟膏 です。
 
 
 

ステロイドは正しく使用すれば悪ではない

 
ステロイドは、
副作用を心配する声が沢山あります。
 
 
私もその情報が嫌という程耳に入っていたため、
一人目の時は躊躇して
使うことはありませんでした。
 
 
でも、可哀想な状態を
何とかしてあげられるならと、
使ってみることにしました。
 
そしたら、本当にあっという間に治りました。
 
それまでは、
しょっちゅう顔を掻いていましたが、
それもしなくなり、肌もツルツルになりました。
 
 
何度かぶり返すことがありましたが、
その度受診し、
使用方法を指導してもらいました。
 
 
肌の状態によって、薬が変わったり、
同じ薬でも使用頻度を変える必要があります。
 
 
正しい方法で使用すれば、
ステロイドは悪ではないと思いました。

 
 
お薬のおかげもあって、二人目が
乳児湿疹で悩まされた期間は、2ヶ月程度でした。
 
 
 

乳児湿疹は早めの受診で早めに治そう

 
乳児湿疹が長引くと、子供だけでなく
母親も参ってしまいます。
 
 
でも、一番可哀想なのはお子さんですよね。
乳児湿疹の原因も様々で、
自分では判断が難しいと思います。
 
 
症状が悪化した場合は、
早めに医師の診察を受け、
正しいケアで改善してあげてください。
 
 
ステロイドに抵抗があるなら、
素直にお医者様に不安な点を
お伝えしてもいいと思いますよ。
 
 
 

乳児湿疹は皮膚科か小児科か

 
ではお子さんが乳児湿疹になったとき
皮膚科か小児科かどちらに連れて行けばいいのでしょうか?
 

こんなサイトを見つけましたので
参考にしてみてくださいね。

 
皮膚科か小児科か – 0~6カ月ママの部屋 – ウィメンズパーク
 
皮膚科か小児科どちらも意見が投稿されていて、
皮膚科
の意見が多かったです。
 
 

かかりつけのお医者さんがあるなら
まずそのお医者さんがいいですね。
参考にしてみてください。

 
 

 
 
 

まとめ

 

いかかでしたか?

 
  • 今回は「乳児湿疹」について紹介させていただきました。
  •  

  • ケア①肌を清潔にして、保湿も徹底
  •  

  • ケア②肌が触れる部分にはガーゼタオル
  •  

  • ケア③市販の軟膏を使用
  •  

  • ケア④病院で症状を診てもらう
  •  

  • ステロイドは正しく使用すれば悪ではない
  •  

  • 早めの受診で早めに治そう
  •  

  • 皮膚科か小児科どちらも治療は可能。

 

実際に体験された方からの生の声をいただきました。
是非、参考にしてくださいね。

 
 








私が使っている検索エンジン最適化(SEO)100点満点の評価のWordPressテーマ


 
 






この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© たかおっちのトレンド情報発信ブログ , 2019 All Rights Reserved.