眼鏡が似合わない理由は鼻が原因!?メガネフレームの選び方

アバター
WRITER
 
眼鏡が似合わない理由は鼻が原因!?メガネフレームの選び方
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~。 プロブロガーのたかおっちです。
 

普段からコンタクトレンズをつけていて、
目が乾いてしまった時に備えて
予備の眼鏡を持っている方は多いです。
 
 
仕方なく今日は眼鏡にしよう!
というにあると便利ですよね。
 
 
だけど、予備の眼鏡ゆえに割と適当に選んでいる方も
いるため眼鏡が似合わないという人もいます。
 
 
眼鏡自体は気に入ってるんだけど似合わない方や
顔にコンプレックスを抱いている方も
眼鏡が似合わないと思っている方も少なからずいます。
 
 
普段コンタクトレンズをしている方は、
たまに眼鏡をかけることで
思い込みで似合わないという方もいます。
 
その大半の方は鼻の形が影響している様です
ここでは、眼鏡が似合わない理由を検証して行きましょう。
 
 

スポンサーリンク


 

眼鏡が似合わない理由は鼻が原因!?

 
 

眼鏡が似合わない理由についてですよ!

 
 

眼鏡が似合わない人の最大の特徴

 
眼鏡が似合わない人は
顔の輪郭なども影響してきますが、
最大の特徴は鼻の形にあります。
 
鼻の形には、幾つかのタイプがあります。
 
面長の方は普遍的に鼻が高くて
筋がさっぱりしている方は、
普遍的なメガネは似合わないです。
 
 
通常のメガネは鼻パットというメガネが
ズレないようにするためのパットがありますが、
 
 
鼻が高いとレンズとの間隔が離れてしまって、
外見がレンズを通しての屈曲率の影響で
瞳が小さく見えてしまいます。
 
 
正反対に鼻が低いという方は
ズレ落ち止めのパッドがあっても、
ズレ落ちてしまい似合わなくなってしまいがちです。
 
 
 

スポンサーリンク

眼鏡が似合うかどうかは鼻の形が最も重要

 
このように鼻の形によって
メガネが似合わなくなってしまいます。
 
 
また、いわゆる黒縁メガネの様なタイプは
鼻パットがフレームと一体化しており、
調整ができないためオススメできません。
 
 
稀に無理にフレームを温めて
調整する方がいらっしゃいますが、
 
これはフレームを破損させる原因となるので
避けておくべきでしょう。
 
 
鼻が高くても低くても、
必ず鼻パッドが独立しているものを選べば
 
微調整は店舗で出来ますし、
安価に交換出来ますので非常に衛生的です。
 
 
鼻が高い方は、とにかく可能な限り
鼻をほっそり魅せる事が必要になってきます。
 
 
逆に鼻が低い方は、
鼻を高く魅せる工夫が必要となってきます。
 
 
メガネの似合う似合わないは、
鼻の形が多きく関係してきます。
 
 
 

スポンサーリンク

メガネフレームの選び方【鼻の低い方】

 
フレームは店舗によってラインナップが異なってきますが、
丸顔の方は鼻が低いのが特徴的です。
 
 
こういった場合は

  • 『スクエアタイプ』
  • 『ハーフリムタイプ』
  • 『ツーポイントタイプ』

がオススメです。
 
 
『スクエアタイプ』は角のあるフレームの事で
鼻だけでなく顔全体の印象をを合わせる事で
フェイスラインをスッキリとした印象になります。
 
 
『ハーフリムタイプ』は、フレームがレンズ全体ではなく
上だけでレンズを支えているか下だけで
フレームを支えているかのものになります。
 
 
このタイプは、フレームやレンズの形によって
異なってきますが、真面目に見えるか、
少し格好をつけるタイプかに分けられますので、
店舗で鏡を見ながら選択すると良いでしょう。
 
またカラーは地味なタイプをオススメします。
 
『ツーポイントタイプ』は爽やかな印象にはなりますが、
レンズが割れてしまうと台無しになってしまいますので、
あまりオススメは出来ません。
 
 
 

メガネフレームの選び方【鼻の高い方】

 
面長の方は鼻が高い方の比率が多いので、
『ウェリントンタイプ』がオススメです。
 
 
『ウェリントンタイプ』は縦に幅が比較的広いので、
面長の方にはもってこいのフレームです。
 
 
他にも

  • 『ボストンタイプ』
  • 『スクエアタイプ』

がオススメですよ。
 
 
この二種のフレームは、
比較的どんなファッションでも合いますし
沢山のフレームラインナップの中でも人気があります。
 
 
メガネを購入する方は、
鼻のパットまで気にしないで購入する方がほとんどです。
 
 
メガネ屋さんでは丁寧にかけてくれますが、
いざ行動するとずれ落ちて来る場合があります。
 
 
鼻パッドが独立していないタイプを選んで
失敗したってこともあるのです。
 
 
店舗によっては3本セットでも
比較的安価なものがありますので、
そういった店舗で試験的に購入してみるのもオススメです。
 
 
 

眼鏡選びで最も重要なのは自分の鼻の大きさを把握する事

 
このように眼鏡を選ぶ際は瞳の位置も大切ですが
最も重要なのは鼻の大きさを把握していくことが
最も重要になってきます。
 
 
ご自分の鼻が高いのか低いのかを意識して選ぶと、
まず失敗しないと言っても良いでしょう。
 
 
また、
鼻パットが独立しているものを
選ぶと後々公開しません。

 
 
独立しているものは、鼻パットが交換出来ますので
一体型より衛生的ですし、
メガネの位置も調整しやすいです。
 
 
これから眼鏡を購入してみようと検討している方は、
色々な店舗を周ってみるのがオススメです。
 
 
店舗によって、
かなりフレームのラインナップが異なってきます。
 
 
可能であれば、ご家族やご友人などと
一緒にお店に足を運んでみると客観的な意見も聞けますし、
 
似合うメガネを選んでメガネ変えたんだ!
と言われると嬉しく感じます。
 
 
フレームなしタイプ は、
さりげないですが強度が弱いですので、
個人的にはあまりオススメしません。
 
 
実際、フレームなしタイプを選んで、
誤って破損してしまったら
メガネ自体を交換するしかありません。
 
これを機会にメガネの交換や購入をては、いかがでしょうか。
 
 
 

まとめ

 

いかかでしたか?

 
  • 今回は「眼鏡が似合わない理由は鼻が原因!?」について紹介させていただきました。
  •  

  • 眼鏡が似合わない人の最大の特徴
    眼鏡が似合わない人は
    顔の輪郭なども影響してきますが、
    最大の特徴は鼻の形にあります。
  •  

  • メガネフレームの選び方【鼻の低い方】
  •  

  • メガネフレームの選び方【鼻の高い方】
  •  

  • 是非、参考にしてくださいね。

 
 








私が使っている検索エンジン最適化(SEO)100点満点の評価のWordPressテーマ


 
 






この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.