ヘアバンドが似合わないのは何故?ファッションとして使う時の工夫!

アバター
WRITER
 
ヘアバンドが似合わないのは、 メガネなんかと一緒で顔の形や ヘアスタイルや髪の色、着ている服と 合っていない等があげられます。 ヘアバンドは、靴下やスラックス同様、 色が異なってしまうと、 より目立ってしまって 似合わない傾向にあるようです。 女性のヘアバンドと男性のヘアバンド
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~。 プロブロガーのたかおっちです。
 
ヘアバンドは、その名の通り
ヘアスタイルをアレンジするためにあって
ファッションに使われることが多い様です。
 
 
その他、ヘアバンドの使い道としては
髪の毛が長いロングヘアの方が顔を洗う時や
 
 
食事の時に顔に長い髪の毛が
前に垂れてこないようにするための道具でもあります。
 
 
他にも運動するときや冬場であれば、
防寒としても用いられる事があります。
 
 
ヘアバンドは、ゴム製ですが
ゴムだけだと痛いですから
表面がニット上になっています。
 
 
顔を洗うときや家で食事するとに
使用する分には、全く問題がありませんが
 
 
ファッションとして使う となると
似合う人と似合わない人が、当然出てきます。
ここでは、ファッションとして使うヘアバンドについて
触れて行きましょう。
 
 

スポンサーリンク


 

ヘアバンドについてですよ!

 
 

ヘアバンドが似合わないのは何故?ファッションとして使う

 
 
 

ヘアバンドが似合わない時の工夫は

 
どうしてもヘアバンドが似合わなくて
困っている方も多いと思います。

 
 
ヘアバンドが似合わない のは、
メガネなんかと一緒で
顔の形やヘアスタイルや髪の色、着ている服と
合っていない等があげられます。

 
 
顔が丸い方はバンドをつけることで、
より顔が強調されてしまったりすることがあります。
 
 
そんな場合は、工夫次第で
バンドつける事もできます。
 
 
またヘアスタイルによって、
似合わなくなってしまう場合があります。
 
 
その他、自分の頭の大きさと合わない、
バンドが肌の色と合わなくってしまって
 
 
浮いてしまうという事がありますので、
購入する際は、
『お肌の色と合うかどうかが決め手』
といっても良いでしょう。
 
 
 

スポンサーリンク

女性のヘアバンド

 
女性がファッションとしてつける場合は、
ロングヘアだと当然似合いますが、
 
 
ベリーショートなど比較的、髪が短い場合でも、
つける事ができるんです。
 
 
ある程度長さがないと
ヘアバンドをつけられないイメージがありますが、
 
 
ベリーショートでもおしゃれに
ヘアバンドを楽しむことができるんですよ!

 
 
特に身長が低い人にはオススメです。
 
 
ベリーショートでヘアバンドをつける時には
あらかじめトップをボリューム出しておいて、
 
 
前髪を出してつけるとオシャレだし
上の方をボリューム出すことで、
身長が高くみえるので
 
 
背が低い女性は上手につけこなすと良いですよ。
 
 
女性のヘアバンドで、共通していえる事は、
トップといわれる上の部分をボリュームアップ
しておかないと
 
 
ただタオルを巻いた様になってしまいがちですので
意識してつけるようにしましょう。
 

 
 
 

スポンサーリンク

男性のヘアバンド

 
男性がヘアバンドをつける際は、
女性とは異なりよりスポーティ
見えるかといった感じになります。
 
 
男性がヘアバンドをつけるメーカーも
ナイキ【Nike】やシュプリーム、
チャンピオンやアディダス【Adidas】といった
スポーツメーカーが多く
スポーツ用品店でも販売されています。
 

 
 
 

ファッションとしてのヘアバンド

 
ファッションとしてヘアバントを利用する場合は、
つけてみたけど似合わない・・・
 
 
そんな風に思っている方々も
多いのではないでしょうか。
 
 
ヘアバンドというと女性がつけているイメージが
多いですが、実は男性でもつけている方もいます。
 
 
しかし、バンドをつけることによって、
より大人らしく爽やかな印象をつける事も可能ですし
可愛らしくすることも可能なんです!
 
 
ヘアバンドは、靴下やスラックス同様、
色が異なってしまうと 、より目立ってしまって
似合わない傾向にあるようです。
 
 
ヘアバンドを付ける年代は様々ですが、
主に20歳代~40歳代前半までつける方が多いようです。
 
 
また、ヘアバンドによって、
一定の太さや形によって、まるでお風呂上がりのような
形になってしまうので、
ファツションとしてヘアバンドをつける際は、
そういった点に注意しましょう。
 
 
 

ヘアバンドをファッションとして使う

 
このようにヘアバンドには髪の長い方は
日常生活で使用するものや、
ファッションとして使うものなどがあります。
 
 
初めてヘアバンドをつけるといった場合は
単純につけ慣れていない、
鏡をみて違和感があることもある様です。
 
 
ヘアバンドをファッションとして身につける際は、
圧倒的に女性の方が多いようですが
 
 
男性もお店でつけてみるなどしてみては、
どうでしょうか。
 
 
女性の場合は、上手に使い分けると
可愛らしくなったり爽やかな印象になったり、
 
 
時には大人のような感じになるので、
ヘアバンドを身に着けている人がいたら
参考にしても良いですね。
 
 
ヘアバンドは、顔を洗うときや
食事の時など、何かと便利です。
 
 
ファッションとして使う場合は、
『服の色と同系のバンドをするようにするといいです。』
 
 
強風で髪が乱れることも少なくとても便利です!
 
 
 

赤ちゃん用ヘアバンド

 
また赤ちゃん用のヘアバンド も販売されています。
 
赤ちゃんの場合は見た目としても、
とても可愛らしいですが長時間は負担がかかりますので、
何かの記念にといった使い方をする方もいます。
 
 
小さなお子様がいるご家庭では、
子ども物を探してみても楽しいです。
選び方や付け方次第で、
自分をより魅力的に魅せる事ができるので、
是非つけてみてはどうでしょう!
 

 
 
 

まとめ

 

いかかでしたか?

 

今回は「ヘアバンド」について紹介させていただきました。

  • ヘアバンドが似合わないのは、
    メガネなんかと一緒で顔の形や
    ヘアスタイルや髪の色、着ている服と
    合っていない等があげられます。
  •  

  • ファッションとしてのヘアバンドを付けるときの工夫は
    服の色と同系のバンドをするようにするといいです。
  •  

  • ヘアバンドは
    女性のヘアバンド、男性のヘアバンド、
    赤ちゃん用ヘアバンドがある。
  •  

  • 是非、参考にしてくださいね。

 
 








私が使っている検索エンジン最適化(SEO)100点満点の評価のWordPressテーマ


 
 






この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.