1986年FIFAワールドカップメキシコ大会マラドーナ5人抜き 神の手

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

1986年FIFAワールドカップは、
1986年の5月の31日から6月の29日にかけての
約1ヶ月間にわたり、
南米大陸のメキシコで開催された
第13回目のFIFAワールドカップである。

 

スポンサーリンク


 

サッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会

 
 
 

サッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会の表彰

 
サッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会の順位や表彰者
 
優勝:アルゼンチン (2回目)
準優勝:西ドイツ
3位:フランス
4位:ベルギー
 
FIFAフェアプレー賞:ブラジル

ゴールデンボール(大会MVP) ディエゴ・マラドーナ (アルゼンチン)
シルバーボール ハラルト・シューマッハー (西ドイツ)
ブロンズボール プレーベン・エルケーア・ラルセン(デンマーク)
ゴールデンシューズ(得点王) ゲーリー・リネカー (イングランド) 6得点
 
 

1986 FIFAワールドカップ
出典元: 引用 Wikipedia

 
 
 

スポンサーリンク

ディエゴマラドーナのための大会

 
この大会はサッカーアルゼンチン代表チームに所属していた
ディエゴマラドーナのための大会 として
人々の記憶に残っている。
 
 
サッカー選手として絶頂期にあった
世界的スーパースターディエゴマラドーナが
 
 
サッカーアルゼンチン代表のエースとして
チームにアシストやゴールなどで貢献し、
 
 
チームをほとんど一人の力で
サッカーFIFAワールドカップ優勝という快挙に導いたからである。
 
 
数ある試合の中でも最も有名な試合の一つといえ
ばサッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会の
本選の決勝トーナメントの1回戦準々決勝の
サッカーイングランド代表チームとの試合である。
 
 
ディエゴマラドーナは合計得点2得点を決め、
チームを2-1と勝利に導いた。
 
 
最初のゴールはディエゴマラドーナ自身が
後日インタビューに応じたとき
あれは私の手などではなくて
神の手のゴール
だと語っているそのままの通り、
 
 
頭にボールを当ててシュートを行う
ヘディングシュートを狙いに行ったディエゴマラドーナが
ヘディングシュートを行うことができなくて
 
 
そのままボールがディエゴマラドーナの手に当たり
ゴールに吸い込まれた伝説の
今でも広く語り継がれているうちの
1点目のゴールである。
 
 
レフェリーはデディエゴマラドーナの
ハンドリングを確認することができなくて
サッカーイングランド代表選手たちによる
猛抗議も通ることがなく、
この伝説のゴールは認められてしまった。
 
 
イングランド国内では
この幻であるべきはずだったゴールは
この得点は逆の意味で悪魔のゴールと呼ばれて
語り継がれているためイングランド国内の
ディエゴマラドーナの評価は
とてつもなく悪いものとなっている。
 
 
2点目のゴール
ディエゴマラドーナがセンターサークル付近から
一人でドリブルを開始し、
 
 
サッカーイングランド代表チームの
正ゴールキーパーピーターシルトンを含めた、
 
5人ものサッカーイングランド代表チームの選手達を
たった一人のドリブルによって抜き去り
決めてしまった驚愕のゴールである。
 
 
ディエゴマラドーナの5人抜きは特に超有名で
野球しか興味がなくサッカーを全く見ない人だけでなく、
 
スポーツを全く見ないという人でさえ
何度もスポーツ番組以外のテレビで取り上げられているので
何度も5人抜きの映像は見たことあると思います。
 
私も子供がサッカーを始めるまで
全くサッカーに興味がなかってのですが
マラドーナの名前だけは知ってました。
 
若い方などは、引退してからの残念な報道の方で
知った方のほうが多いと思いますが、
最近で言えば、
陸上のウサイン・ボルト級の世界的スーパースターだったのです。
 
 
 
マラドーナ『5人抜き』

伝説の名実況 「マラドーナの5人抜き」 NHK山本アナ


出典元: 引用 YouTube
 
 
 
マラドーナ『神の手』

【神の手】マラドーナ伝説のゴール!
1986年6月22日メキシコW杯アルゼンチンvsイングランド


出典元: 引用 YouTube

ディエゴ・マラドーナについて詳しくはこちら
ディエゴ・マラドーナ – Wikipedia
 
 
 

スポンサーリンク

1986サッカーFIFAワールドカップメキシコ大会の試合球

 
1986サッカーFIFAワールドカップメキシコの大会試合球は
AZTECA(アステカ)
 

出典:遊戯たより
 
W杯で最初の人工皮革製試合球
これにより本革(牛革)より耐久性を向上するとともに
吸水性を最小限に抑える事が可能となった
デザインは古代アステカ文明の歴史を表現している

 
 
 

1986サッカーFIFAワールドカップメキシコ大会の概要

 
サッカーアルゼンチン代表チームが
6月の29日に行われた決勝戦で
サッカー西ドイツ代表チームを3-2の僅差で下し
通算で2回目となるサッカー世界王者に輝いた。
 
 
このサッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会は
当初はメキシコではなく同じ南米大陸の
コロンビアで行われる予定で話が進行していたが、
コロンビア国内とコロンビアサッカー協会の
財政悪化という問題が1983年に発生し
 
 
同じ年にコロンビアのサッカーワールドカップ1986年大会の
開催権を返上し、同じ南米大陸のメキシコが代わりに
このサッカーFIFAワールドカップを主催することとなった。
 
 
このコロンビアサッカー協会の開催権返上の出来事により、
メキシコは1970年以来実に16年ぶりで
2回目となるサッカーFIFAワールドカップの開催地となった。
 
 
その代わりの開催地となった
同じ南米大陸のメキシコも
サッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会の
開始直前の前年となる1985年に大地震に見舞われてしまう結果となり、
 
 
一時はサッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会の
開催自体が危ぶまれてしまったが、
なんとかして大会は無事に開催された。
 
 
このサッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会からは
方式が変更され、前回と同じく24ものチームが
サッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会の本戦に参加し、
 
 
4つのチームごとに6つのグループに分けられることとなった。
しかしながら2次リーグを開催することはしないで
8チームを除いた16カ国のナショナルチームによる
決勝トーナメント方式にこのときから変更が加えられた。
 
 
各グループの1位のチームと2位のチームが
決勝トーナメント1回戦に進出し、
それに加えて、3位のチームの中から勝ち点の多いチームが
選ばれて行き合計16チームが
決勝トーナメント1回戦に進出することになった。
 
 
 

サッカーイングランド代表チーム

 
サッカーイングランド代表チームは
グループステージ初戦のサッカーポルトガル代表チームとの試合を
落とすなどかなりの危機的状況に陥っていたが、
サッカーイングランド代表チームの
不動のエースストライカーゲーリーリネカーが
グループステージ最終戦のポーランド代表戦で
前半戦の45分間のみでハットトリックを達成するなど
驚異の盛り返しを見せ準決勝のベスト8に進出した。
 
 
またこのサッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会で
イングランド代表チームの不動のエースストライカー
ゲーリーリネカーが驚異の6得点 をあげ
ゴールデンブーツ(大会得点王)に輝いた。
 
 

イタリア代表チーム

 
前回のサッカーFIFAワールドカップ1982年スペイン大会で
チャンピオンに輝いたサッカーイタリア代表チームは、
オフェンスプレイヤーでは
前回のサッカーFIFAワールドカップ1982年スペイン大会で
得点王ゴールデンブーツに輝いたエースストライカー
パオロロッシに代わりアルトベッリが頭角を現し
合計で4得点をあげることに成功したが、
 
 
ディフェンスプレイヤーが毎時試合失点を喫してしまうなど
ディフェンス能力の低さを露呈してしまう。
 
 
グループステージはなんとかして
1勝利2引き分けで乗り切ることに成功したが、
決勝トーナメント1回戦のサッカーフランス代表戦で
優勝候補に0-2で敗戦した。
 
 
 

モロッコ代表チーム

 
その一方でサッカーモロッコ代表チームが
アフリカ勢の中で初めてとなる
グループステージ突破の快挙を成し遂げた。
 
 
サッカーモロッコ代表チームが振り分けられたグループFは、
サッカーの母国イングランド、
前回のサッカーFIFAワールドカップ1982年スペイン大会で3位となり、
このサッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会の
シード権を持っていたポーランド、
2年前のヨーロッパ選手権でベスト4に入った
 
 
サッカーポルトガル代表チームとヨーロッパの強豪が揃い
前評判では不利だったが、
サッカーポーランド代表チームや
サッカーイングランド代表チームとの試合を
0-0のスコアレスドローでなんとか逃げ切ると
 
 
最終戦のポルトガル戦では3-1と2点差で勝利を達成し
グループステージを1位という好成績で
サッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会の
決勝トーナメント1回戦に進出してみせた。
 
 
 


私が使っている検索エンジン最適化(SEO)100点満点の評価のWordPressテーマ


 
 






この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.