1990年サッカーFIFAワールドカップイタリア大会の概要や公式球など

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~。 プロブロガーのたかおっちです。
 
 
1990年サッカーFIFAワールドカップイタリア大会は
1990年の6月の8日から7月の8日にかけて
ヨーロッパ州のイタリアで行われた
第14回目のサッカーFIFAワールドカップである。
 

スポンサーリンク

 

サッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会の表彰

 

出典:レジェンドチーム第55回 – 超WORLDサッカー!
 

サッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会の順位や表彰者

 
優勝:西ドイツ (3回目)
準優勝:アルゼンチン
3位:イタリア
4位:イングランド
 
FIFAフェアプレー賞:イングランド
 
ゴールデンボール(MVP): サルヴァトーレ・スキラッチ (イタリア)
シルバーボール:ロベルト・ローター・マテウス (西ドイツ)
ブロンズボール:フリスト・ ディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン)
ゴールデンシューズ(得点王)サルヴァトーレ・スキラッチ (イタリア) 6点
 

1990 FIFAワールドカップ
出典元: 引用 Wikipedia

 
 
 

スポンサーリンク

サッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会について

 
ヨーロッパ州のイタリアで行われた
サッカーFIFAワールドカップは
第2回大会の1934年イタリア大会以来となる2回目の開催であり、
南米大陸のメキシコで開催された
サッカーFIFAワールドカップ1986年アメリカ大会に続けて
2回連続2カ国目の事例であった。
 
 
約2年前となる1988年の4月から開始された
サッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会予選には
合計116もの数となるサッカー代表チームと
世界各国の地域の代表チームが参加し合計22チーム
サッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会
本大会グループステージへの切符を手に入れた。
 
 
この22チームに加えて
サッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会開催国の
サッカーイタリア代表チーム
 
 
前回のサッカーFIFAワールドカップメキシコ大会の優勝国の
サッカーアルゼンチン代表チームの2チームを含めた
合計24チームが参加を決めた。
 
 
このサッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会で
使用された公式球は
エトルスコユニコと呼ばれるボールである。
 

出典:遊戯たより
 
1990年 イタリア大会 ETRUSCO UNICO (エトルスコ・ユニコ)
 
総合フォーム・システムとポリウレタンを使い
スピード感あふれる試合が
期待されるように作られたのが特徴
デザインは古代文明エトルリアの歴史を表現しています
 
 
このサッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会の
公式マスコットは使用された
エトルスコユニコのサッカーボールと
このサッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会の
開催国のイタリアの国旗をあしらったチャオ。
 
 
日本放送協会からの協力もあり、
イタリア放送協会を通して日本のみならず
世界各国の国々に高精細度テレビジョン放送として
放送されたサッカーFIFAワールドカップ史上初めての大会である。
 
 
このサッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会の
決勝戦は東西統一前の
サッカー西ドイツ代表チーム対
サッカーアルゼンチン代表チームというカードになったが
このカードは前回大会の
サッカーFIFAワールドカップ1986年アメリカ大会における
決勝戦のカードと全く同じであり
(この記録は2018年に行われた
サッカーFIFAワールドカップ2018年ロシア大会に至るまで
唯一の記録となっている。)
 
 
サッカー西ドイツ代表チーム
サッカーアルゼンチン代表チームを1-0という僅差で下し
通算3回目となるサッカーFIFAワールドカップの
タイトルを獲得した。
 
 
それに加えて、西ドイツは
1990年末に東ドイツとの再統一を控えていたため
このサッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会が
サッカー西ドイツ代表チームとしては
最後となる国際公式大会への出場となった。
 
 
サッカーチェコスロヴァキア代表チームや
ユーゴスラヴィア代表チーム、
ソヴィエト連邦代表チームも
東欧革命の革命時の影響により、
 
 
このサッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会が
最後の国際公式大会への参加となった。
 
 
このサッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会
平均得点数は2.21と過去最低の得点記録を更新 することとなり、
 
 
サッカーFIFAワールドカップ決勝戦において
初の退場者を含めこの1990年代当時としては
もっとも多い記録となる
16枚もの一発での退場(レッドカード)
主審の手によって出されたことから、
サッカーFIFAワールドカップの歴史において
歴代で最も退屈なサッカーFIFAワールドカップとも評されている。
 
 
しかしながら他方では
開幕戦のサッカーカメルーン代表チームが
世界的スーパープレイヤーディエゴマラドーナ率いる
サッカーアルゼンチン代表チームを下すという
 
 
ジャイアントキリングを演じ、
アフリカ大陸に属しているサッカーナショナルチームとしては
初めて準々決勝ベスト16進出という
大仕事をやり遂げるなどサッカーFIFAワールドカップ史上
最も退屈な大会と言っても決して話題性には困ることはなかった。
 
 
それに加えて
このサッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会開催の
準備としてイタリアの都市のバーリとトリノには
新たにあたらしいスタジアムが建設され、
 
 
合計で10にも上るスタジアムが改築されるなどといった
これまで類を見ないほどの大規模な
サッカー関連の設備への投資が行われた。
 
 
 

スポンサーリンク

世界で一番注目度の高いスポーツイベント

 
これ以外にも世界の約266億9000万人にも上る人々が
このサッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会
テレビによって視聴するなど、
 
 
テレビ史上においては
世界で一番注目度の高いスポーツイベントでもあった。
 
 
 

遅延行為の為のルール改正

 
このサッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会には
先程も上記で説明した通り、
合計得点数の少なさやカードの枚数の多さが問題になったため、
 
 
この大会の反省からFIFA国際サッカー連盟は
約2年後の1992年にディフェンス側の選手の試合を遅らせる行為を
これから禁じるためのバックパスルール
呼ばれている新ルールを導入することと
 
 
さらに4年後のサッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会からは
オフェンシブサッカーとビクトリーを目指していくために、
グループステージにおいて異なるあたらしい点数制度を採用した。
 
 
 

サッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会の概要

 
1990年イタリア大会の開催国の
選定作業は7年前の1983年の7月の31日に
ヨーロッパ州のイタリア、イングランド、
オーストリア、ギリシャ、ソビィエト連邦、
ドイツ連邦共和国、フランス、ユーゴスラヴィアの
合計8にも上る国が立候補を表明した。
 
 
それから時がたち約1ヶ月後に
イタリア、イングランド、ギリシャ、
ソビエト社会主義共和国連邦を除いたすべての国々
(オーストリア、ドイツ連邦共和国、フランス、ユーゴスラヴィア)が
立候補を取りやめた。
 
 
サッカーFIFAワールドカップ1990年イタリア大会本大会6年前の
1984年の5月19日にスイスの都市チューリッヒで行われた
FIFA国際サッカー連盟理事会での最後の決選投票により
 
 
イタリア11票ソビエト社会主義共和国連邦5票の6票差という結果となり、
前回大会のサッカーFIFAワールドカップ1986年メキシコ大会での
開催に続けて1934年に行われた
 
 
サッカーFIFAワールドカップ第2回大会の開催を実行に移し、
その大会で優勝という快挙を成し遂げた
実績を持っているイタリアでの2度目の
サッカーFIFAワールドカップ開催が決定された。
 
 
この決選投票の投票結果について
同じ年にアメリカ合衆国で開催された。
 
 
ロサンゼルスオリンピックに対して
ソビエト社会主義共和国連邦を
きっかけに東欧諸国のボイコット行為が
多大な影響を与えたものと思われたが
FIFA国際サッカー連盟会長の
ジョアンアベランジェ会長はこれを否定した。
 
 
 


私が使っている検索エンジン最適化(SEO)100点満点の評価のWordPressテーマ


 
 






この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.