普通のネットおじさん「たかおっち」が趣味・雑学・その他のお役立ち情報などを発信するブログです

サッカーワールドカップ1994年アメリカ大会 マラドーナの追放処分

アバター
WRITER
 
サッカーワールドカップ1994年アメリカ大会 マラドーナの追放処分
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~。 プロブロガーのたかおっちです。
 

1994年サッカーFIFAワールドカップは、
1994年の6月の17日から7月の17日の間にかけて
約一か月にわたりアメリカ合衆国で行われた
15回目のサッカーFIFAワールドカップであると同時に
世界最大のスポーツイベントである。

 

スポンサーリンク


 
 

サッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会

 
 

サッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会の表彰

サッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会の順位や表彰者
 


出典:NAVER まとめ
 
 
優勝ブラジル
準優勝:イタリア
3位:スウェーデン
4位:ブルガリア
FIFAフェアプレー賞:ブラジル
エンターテイニングチーム賞:ブラジル
 
ゴールデンボール(MVP)ロマーリオ(ブラジル)
シルバーボール:ロベルト・バッジョ(イタリア)
ブロンズボール:フリスト・ストイチコフ(ブルガリア)
ゴールデンシューズ(得点王)
フリスト・ストイチコフ(ブルガリア)・オレグ・サレンコ(ロシア)(共に6得点)
ヤシン賞(最優秀GK): ミシェル・プロドーム (ブルガリア)(4失点)
 
 
 
スポンサーリンク

アルゼンチン代表のディエゴマラドーナ追放処分

 

前回大会のFIFAワールドカップ1990年イタリア大会以後
数々のトラブルをおこし所属クラブを解雇されながらも、
なんとかして、ベストコンディションで
このFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会に出場した
世界的スーパープレイヤー
ディエゴマラドーナ(アルゼンチン) であったが、

グループリーグ第2戦後に行われたドーピング検査で
エフェドリンが検出されたため、

無期限のサッカーの国際大会への出場が禁止される運びとなり
このFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会からも追放処分となった。
 
 
このドーピング事件が事の発端となり、
サッカーアルゼンチン代表チームは準々決勝で
無念にも敗戦を喫してしまう。
 
 
このサッカーアルゼンチン代表チームの
絶対的エースディエゴマラドーナ
ドーピング事件による追放がなければ
初戦のサッカーギリシャ代表戦、
第2戦のサッカーナイジェリア代表戦ともに
チームの勝利に多大なる影響をおよぼしていたため、

もし仮にディエゴマラドーナがドーピングをしていなかったら
サッカーアルゼンチン代表チームの
サッカーFIFAワールドカップアメリカ大会の
優勝も十分にありえる話であったと言われている。
 
 
 

スポンサーリンク

歴代のサッカーFIFAワールドカップの2つのレコード記録

 

サッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会グループステージの
2組目ではこのときもうグループステージ敗退がほぼ既定路線となっていた
サッカー代表チームの試合だということで
周りの他の試合と比べると注目度が桁違いに低かった
 
 
サッカーロシア代表チーム対サッカーカメルーン代表チームの試合で
歴代のFIFAワールドカップの
レコード記録となる記録が2つ生み出された。
 
 
1つ目のレコード記録
 
ロシアの若手有望株の
センターフォワードオレグサレンコ選手による
サッカーFIFAワールドカップの一つの試合で5得点
一人の選手のみであげるという最多得点記録である。
 
 
この記録を打ち立てたことにより
彼オレグサレンコ選手はサッカースウェーデン代表チームとの対戦でも
一つの得点をあげていたため
このサッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会において
合計で六つのゴールを決めフリストストイチコフ選手と同じ得点数となり、
 
 
このサッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会においてともに
ゴールデンブーツを受賞することとなった。
 
 
自国の代表がサッカーのワールドカップ本大会で
決勝トーナメントに進出する前のグループステージで
惜しくも敗退してしまったのにゴールデンブーツを受賞し、
 
 
その大会の得点王となったのは、
1930年のFIFAワールドカップウルグアイ大会からはじまった
とてつもなく長い歴史のなかでも
彼オレグサレンコ選手はのみであった。
 
 
 
2つ目のレコード記録
 
記録はカメルーン大統領からの電話要請によって、
サッカーの世界からの引退を表明してから
このサッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会においてのみ
サッカー界及びサッカーカメルーン代表に戻ってきた
42歳のセンターフォワードロジェミラ選手が成し遂げた
サッカーFIFAワールドカップ最年長ゴール(42)。
 
 
2019年現在でもこの2つの記録をやぶったものは
未だかつてひとりも存在しない。
 
 
 

スポンサーリンク

サッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会について

 
サッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会について
 
この時期は真夏であったにもかかわらず、
ヨーロッパ諸国でのテレビを中継する時間が
ゴールデンアワーになるように調整が加えられたため、
炎天下での試合が多くなってしまった。
 
 
このために、体力面でのタフさが勝敗に左右するなどしたため、
相手のチーム以上に暑さのほうが敵だと言われていたという。
 
 
気候の面で有利だと見られていた
アフリカ大陸諸国の活躍は期待を下回ってしまった。
 
 
1986年ワールドカップメキシコ大会で躍進したモロッコ、
前回の1990年ワールドカップイタリア大会で躍進したカメルーンなどの
期待値が高かったチームはグループリーグで敗退し、
このFIFAワールドカップアメリカ大会から
姿を消してしまったうえにナイジェリアも
FIFAワールドカップアメリカ大会決勝トーナメント1回戦で
イタリアの前に屈することとなってしまった。
 
 
サッカーイタリア代表戦で
サッカーナイジェリア代表チームは
試合終了間際の後半の43分まで1点差でリードを保っていたが

ここでイタリアのエースロベルトバッジョ
同点となるゴールを決められ、延長戦にもつれ込んでしまい、
その延長戦でも再びロベルトバッジョに
決勝点となるゴールをペナルティーキックで
決められ大会からアフリカ大陸諸国は完全に姿を消した。
 
 
死の組などと呼ばれていた
グループステージ5組目では
サッカーFIFAワールドカップ史上初となる
 
 
すべてのサッカー代表チームが
1勝1敗1引き分け
 
 
勝ち点の総数や得失点差などの成績で横並びをし
総合得点数の数が最も多かった
 
 
サッカーメキシコ代表チーム
サッカーアイルランド代表チーム
サッカーイタリア代表チームの3チームが
グループステージを無事に通過した。
 
 
12大会ぶりで久々の出場となった
サッカーノルウェー代表チームは
グループステージの合計3つの試合を
グループステージ内の最小失点数に抑える大健闘を披露したが
得点力不足に悩まされ続け
グループステージ内の最小得点数に泣いた。
 
 
アジア勢
このサッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会において
悲願のワールドカップ初出場という大仕事を成し遂げた
サッカーサウジアラビア代表チームが大健闘を披露し、
 
 
グループステージ2勝1敗という前代未聞の好成績を残し
サッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会において
決勝トーナメントに進出した。
 
 
アジア勢のサッカーワールドカップ本大会での勝利は
イングランド大会のサッカー北朝鮮代表チーム以来
実に7大会ぶりの快挙となった。
 
 
サッカーベルギー代表チームとの試合では
センターフォワードのオワイラン選手が
自分の陣地から一人で誰にもパスをすることなく
ゴールを決めたことは現在でも語り継がれている
伝説のゴールとなっている。
 
 
だがしかし、
サッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会決勝トーナメントにおいて
1回戦でサッカースウェーデン代表チームに
敗北しベスト16となった。
 
 
サッカーFIFAワールドカップ1994年アメリカ大会の
詳しい情報はこちら

 
1994 FIFAワールドカップ
出典元: 引用 Wikipedia
 
 
 


私が使っている検索エンジン最適化(SEO)100点満点の評価のWordPressテーマ


 
 






この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© たかおっちのお役立ち情報発信ブログ , 2019 All Rights Reserved.