サッカーFIFAワールドカップ1998フランス大会の概要や結果

アバター
WRITER
 
サッカーFIFAワールドカップ1998フランス大会の概要や結果
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

サッカーFIFAワールドカップ1998フランス大会
 
 
1998年FIFAワールドカップ
1998年6月の10日から7月の12日にかけての約1ヶ月間
ヨーロッパ州のフランスで開催された
第16回目のFIFAワールドカップである。
 
 

出典:サッカーキング
 
 
決勝戦は開催国であり地元のフランス代表チームと
前回優勝国の南米大陸のブラジル代表チームとなったが、
フランス代表チームが現在サッカー指導者で
スペインリーガエスパニョーラの
レアルマドリードで監督を務める
ジネディーヌ・ジダンの2得点などで
サッカーブラジル代表チームを3-0と下し
悲願の初優勝を果たした。
 
 
大会最優秀選手はブラジル代表のロナウドが受賞し、
得点王は、クロアチア代表のダヴォールシューケルが受賞した。

 

スポンサーリンク


 

サッカーFIFAワールドカップ1998フランス大会の表彰

 

サッカーFIFAワールドカップ1998フランス大会の順位や表彰者
 
優勝:フランス
準優勝:ブラジル
3位:クロアチア

FIFAフェアプレー賞:フランス/イングランド
エンターテイニングチーム賞:フランス

ゴールデンボール(MVP):ロナウド(ブラジル)
シルバーボール:ダヴォル・シュケル(クロアチア)
ブロンズボール:リリアン・テュラム(フランス)
ゴールデンシューズ(得点王):ダヴォル・シュケル(6得点/クロアチア)
ヤシン賞(最優秀GK):ファビアン・バルテズ(フランス)
 
 
 

スポンサーリンク

サッカーFIFAワールドカップ1998フランス大会の概要や
フランス代表の試合内容など

 
合計参加国の数が従来の24から32に8チーム分増加した
最初の大会(本大会出場選手本登録は合計22人で、
1998年の6月の2日の夜が締切であった。)
 
 
グループリーグがそれまでの合計4チームのA-Fの6グループから
A-Hの8グループに増加し、それぞれのグループの上位2チーム、
合計16チームがノックアウトの方式の決勝トーナメントに進出する。
 
 
決勝トーナメント1回戦は、
それぞれのグループの1位は2位のチームと
決勝トーナメント1回戦を戦うこととなった。
AグループはBグループと他のグループは
CグループはDグループ、EグループはFグループ、
GグループはHグループと戦いをすることとなった。
 
 
1998年のFIFAワールドカップフランス大会は、
前回大会優勝の
サッカーブラジル代表チーム対
サッカースコットランド代表チームの試合で幕を開け
サッカーブラジル代表チームが2-1と僅差で競り勝った。
 
 
いわゆるパリの悲劇と呼ばれている試合で
1994年ワールドカップアメリカ大会に出場することがかなわなかった
サッカーフランス代表チーム
1978年のワールドカップで
アルゼンチンが悲願の初優勝を遂げてから
約20年ぶりに史上7カ国目の初優勝をとげた。
 
 
それまで長らくサッカーフランス代表チームの中心選手だった
イングランドのマンチェスターユナイテッドFCに所属する
エリックカントナを代表から外し、
 
 
若手のジネディーヌ・ジダンをキープレイヤーに据えた
エメジャケサッカーフランス代表監督のチーム作りが成功し、

またサッカーフランス代表チームのユニフォームは
代表初戴冠となるUEFAヨーロッパ選手権1984時代を
もしたものにして縁起を担いだ。
 
 
1998年ワールドカップフランス大会
本大会のグループステージでは
ローランブラン、マルセルデサイーデイデイエデシャンといった
ベテランがチームをしっかりとまとめ、

ジダンを中心に、有望な若手の成長株のティエリアンリや
ダビドトレゼゲといったストライカーたちが得点を重ねていく
理想的なサッカーを展開していった。
 
 
グループステージが終わり
決勝トーナメントに突入すると、
その世代交代の過渡期だったストライカーたちが
力不足を露呈しはじめてしまい得点力不足に苦しんだが、
 
 
1998年ワールドカップフランス大会決勝トーナメント1回戦では
ディフェンダーのローランブランが
ゴールデンゴールをあげることに見事に成功し、
 
 
次の準決勝ではそれまで代表戦で
一度もゴールをあげた経験がなかった
同じくディフェンダーのテュラムが同点ゴールをあげ、
 
 
そしてさらにまたもやディフェンダーのテュラムが
逆転ゴールまでも決めてしまう活躍をみせ
そのストライカーたちの得点力不足をカバーした。
 
 
決勝戦においてはロナウドらを擁する
サッカーブラジル代表チームが
圧倒的に有利とみられていたものの

決勝戦当日の朝、
泡を口から吹いて卒倒している
サッカーブラジル代表チームの
絶対的エースロナウドが発見された。
 
 
サッカーブラジル代表チームは
チーム全体がパニック状態
陥ってしまう事態となってしまう。
 
 
発作がはじまったロナウドは
結局そのまま先発で出場することとなるのだが、

怪物の抜け殻そのものであり
絶対的エースを失った
サッカーブラジル代表チームは
砂上の楼閣さながらであった。
 
 
結果はサッカーフランス代表チームが3-0と完全勝利を果たした。
 
 
サッカーフランス代表チームの
サッカーを思う存分見せつけた試合といえるであろう。
 
 
決勝戦でもジネディーヌ・ジダンが2ゴール
同じくミッドフィルダーのエマニュエルプティが
1ゴールとストライカー以外のプレイヤーが得点を上げている。
 
 
大会そのものは下馬評通りに
優勝候補を目されていたサッカーブラジル代表チームや
サッカーフランス代表チームやサッカーオランダ代表チームが
順当に勝ち進んでいった。
 
 
ガブリエルバティストゥータや
ディエゴシメオネを中心に攻守のバランスが取れていた
アルゼンチンはベスト8まで勝ち進んだが、
オランダ戦ではアリエルオルテガの退場などもあり敗退してしまった。
 
 
一方でサッカースペイン代表チームが
グループリーグで敗退してしまったことや、
サッカークロアチア代表チームの躍進は観客達に驚きを与えた。
 
 
また、前述の通り、ティエリアンリや
ダビドトレゼゲをはじめサッカーイングランド代表チームの
デビッドベッカムマイケルオーウェン
サッカーブラジル代表チームのロナウド
サッカーイタリア代表チームのアレッサンドロデルピエロ
サッカースペイン代表チームのラウルゴンザレスといった
初登場の若手が活躍した大会でもあった。
 
 
また、アジア勢は結果を出すことが出来ず不振で、
出場した4カ国のサッカーサウジアラビア代表チーム、
サッカー大韓民国代表チーム、サッカーイラン代表チーム、
サッカー日本代表チーム のいずれも
グループリーグで姿を消すこととなってしまった。
 
 
前回のFIFAワールドカップアメリカ大会で

初出場ながらもベスト16という好成績を残した

サッカーサウジアラビア代表チームが1分2敗

サッカー大韓民国代表チームが1分2敗、

サッカーイラン代表チームは

サッカーアメリカ合衆国代表チームに2-1と初白星をあげるも
1勝2敗に終わり、

サッカー日本代表チームも3戦全敗に終わった。
 
 
本大会前にはオランダリーグエールディビィジの
PSVアイントホーフェンや
スペインリーガエスパニョーラの強豪
FCバルセロナでのプレー経験がある
ロマーリオやサッカー元イングランド代表のポールガスコイン、
現横浜FCの三浦知良などが代表チームに
選ばれなかったことが話題を呼んだ。
 
 
私はもともと野球ファンでサッカーはほとんど見てなかったのですが
子供がサッカーをはじめてからサッカーを見るようになり、
野球は全く見なくなりましたね。

ワールドカップはこの1998フランス大会を見たのが初めて。
中でもイングランド代表のマイケル・オーウェン の大ファンになりました。
DVDも購入して子供と見てました。
 

マイケル・オーウェン ベストゴール集


出典元: 引用 YouTube

 

 
 
 


私が使っている検索エンジン最適化(SEO)100点満点の評価のWordPressテーマ

 
 






この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.