加計呂麻島の観光の穴場は「碧洋の陽炎」行き方やフェリー情報は!

アバター
WRITER
 
鹿児島県の加計呂麻島への観光の穴場は碧洋の陽(ヘキヨウのカゲロウ)だ 行き方(アクセス)やフェリー運航時間や料金などの情報
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~。 プロブロガーのたかおっちです。

鹿児島県 鹿児島県 加計呂麻(かけろま)島
200万年前の地殻変動で誕生した島で、
島の90%を森が占める。
 

黒潮の荒波で削られた岬を取り囲むのは
ミリキーブルーの海
 

出典:花富・西阿室間の絶景ポイント | 加計呂麻島の観光情報サイト 加計呂麻(カケロマ)ウェルカム

ミルキーブルーの海と手付かずの原生林が残っていて、
国立公園に指定 されている。
島では
碧洋の陽炎「ヘキヨウのカゲロウ」というスポットが話題。

スポンサーリンク


 

加計呂麻島の碧洋の陽炎「ヘキヨウのカゲロウ」が穴場スポット

加計呂麻島の穴場スポット
通称 碧洋の陽炎「ヘキヨウのカゲロウ」 と呼ばれている。
 
超レアで、1日に15分くらいしか見れないので
見れたらラッキー!
島の神様に好かれないと! 見れないという。
 
 
ヘキヨウのカゲロウの目的地には、
船で30分!
 
 
ぽっかりあいた洞窟の入口
小さな洞窟の奥に人々を魅了するものが!?
 
 
その超レアな場所には泳いでいくという。
 
 
太陽の光が差し込むことで現れる光のカーテンもすばらしい。
 
 
洞窟の奥にその場所が!
1ケ所だけ自然現象で
めちゃくちゃ青くなっている場所があります。
 

出典:日本テレビ 
 
洞窟の隙間に光が差し込むことで現れる
青く光った海
それが碧洋の陽炎(ヘキヨウのカゲロウ)だ。
 
 
碧洋(へきよう)とは、
青い海』を意味し
洞窟内の押し寄せる荒波で海面が青く輝き、
まるで青い陽炎(かげろう)のような姿に!
 
 

スポンサーリンク

碧洋の陽炎(ヘキヨウのカゲロウ)はなぜ超レアなのか

それは、潮の流れと波の満ち引きによって、
1日わずか15分しか見ることができないのである。

まさに、神秘の光景だ。
 
 

スポンサーリンク

「青の洞窟」に似てる!?

なんか海外でも似たようなスポットをテレビでみたことがあります。
ネッツトで検索してみたらありました。
 
 
カプリ島は、イタリアのナポリから30kmほど南にある
リゾートアイランドで周囲17kmほどの小さな島。
 
この島にある海の洞窟が、幻想的な青い輝きで満たされることから
「青の洞窟」 と呼ばれ、
その美しい光景を一目みようと世界中から多くの観光客が訪れています。
 

 

出典:Just blue AlexTalmaciu Flickr
 

出典:The Blue Grotto A underwater Sea cave in Capri Glen Scarborough Flickr
 
 
こちらのサイトで紹介されている「青の洞窟」です
幻想的な青い空間。カプリ島にある「青の洞窟」に感動。
 

出典元: 引用 幻想的な青い空間。カプリ島にある「青の洞窟」に感動。

 
この光景がとても似てました。
 
青の洞窟はテレビで紹介されたときに
生きているうちに行きたい場所のひとつとして
脳裏に焼き付きましたから
この光景はよく覚えていました。
 
 

安脚場展望台

大島海峡を一望できる高台の展望台から見る景色は絶景だ!
 

出典:安脚場展望台 | 加計呂麻島の観光情報サイト 加計呂麻(カケロマ)ウェルカム
 

 
 

島のシンボルのガジュマル

樹齢200年以上

出典:於斉のガジュマル | 加計呂麻島の観光情報サイト 加計呂麻(カケロマ)ウェルカム
 
 
画像の右側に黒いロープ が写ってるのはおわかりでしょうか?
これにぶら下がって人に押してもらって遊ぶことができます。
 
 
子供たちは木に登ってロープにつかまって飛び降りて遊びます。
通称 『ターザン』 と呼ばれている度胸試しの遊びだ。
 

 
 

鹿児島県 加計呂麻島へのアクセス

鹿児島県 加計呂麻島を調査へのアクセスは
東京からですと、約5時間
羽田から約3時間30分、奄美空港に到着し、
空港から古仁屋港のフェリー乗り場へ移動
 

 
フェリーは1日7便で、運賃は360円
 
 
フェリーかけろまの運賃
 

出典:瀬戸内町/フェリーかけろまの運賃
 
 
フェリーかけろま運航時刻表
 

出典:瀬戸内町/フェリーかけろまとせとなみの運航時刻
 
 

フェリーかけろまについて詳しくはこちら


 
 

加計呂麻(かけろま)島とは

 

 

出典:加計呂麻島の一覧 | 加計呂麻島の観光情報サイト 加計呂麻(カケロマ)ウェルカム
 
東京からおよそ1,800キロの奄美群島にある加計呂麻(かけろま)島
6年で観光客数が30%増え、
年間約15万人が訪れているという。
口コミによると、

  • 「天国のように美しい絶景の宝庫」
  • 「豊富な海の幸に出会えるグルメ島」

とのこと。
 
山々がつらなっていてとても大きい島
港の前も森だらけで、
自然豊かでのどかな島です
 

 

 
 
加計呂麻島は、奄美群島内の島で、
鹿児島県大島郡瀬戸内町に属する。
 
 
経済 島内には4局の郵便局が存在する。
いずれも特定郵便局である。
諸鈍郵便局 西阿室郵便局 実久郵便局 押角郵便局
 
 
標高: 326 m
地域: 77.39 km²
所属諸島: 奄美群島
最高標高: 326 m
最高峰: 加崎岳(かさきだけ)

加計呂麻島 – Wikipedia
出典元: 引用 Wikipedia

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.