松川公園の桜お花見スポット松川遊覧船や富山城址公園!穴場市役所

アバター
WRITER
 
松川公園の桜はお花見スポット松川遊覧船や富山城址公園や市役所!
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~。 プロブロガーのたかおっちです。

毎年この季節が近くなると、いつかいつかと、
桜の開花宣言をニュースでチェックしてしまうシーズン到来ですね。

今日3月21日(木)、
気象庁は東京・靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)開花したと発表しました。
平年より5日早く、去年より4日遅い開花です。
東京の桜は7年連続で平年(3月26日)よりも早く咲きました。
 
 
富山県ではもう少し先になります。
 

出典:桜開花予想 2019 – 日本気象協会 tenki.jp

スポンサーリンク


 

桜の開花宣言の条件は?

まず、気象庁が開花を
予想する前に観測する木を決めます。

東京の標本木は靖国神社にあります。
 
 
開花宣言は、
この標本木の花が5~6輪開いた状態のときに
行われるのです。
 
 
『満開』は?
標本木の80%以上のつぼみが開くと、
満開です。
 
 
いざ咲き始めると、
ゆっくりしてると桜が散っちゃうんじゃないかと、
急に焦り始めたりもします。
 
 
去年の桜お花見について書きたいと思います。
 
 
私がおすすめしたいお花見スポットは、

スポンサーリンク

富山県の松川公園の桜並木

松川公園は富山県内1位の
人気の高いお花見スポットです。
 

出典:松川公園の桜(富山県)|桜名所 お花見特集2019 – ウォーカープラス
 
 
松川沿いに長く続く桜並木はそれは圧巻で、
約500本におよぶソメイヨシノの長さは
約4キロメートルにわたっており、
日本さくらの会の「さくら名所100選」にも選ばれています。
 
 

スポンサーリンク

富山観光の定番・松川遊覧船

松川のお花見で有名なものといえば、
なんといっても
松川の遊覧船とお花見とのコラボレーションでしょう。
 
 
4月上旬頃
日本さくら名所100選」に選ばれる
桜のトンネル をくぐります。
 

出典:富山観光の定番・松川遊覧船へようこそ!!(富山観光遊覧船株式会社)
 
遊覧船のクルージングの時間は約30分。
クルージング中は、船頭さんによる
歴史や桜の見所などのアナウンスもあり、
ちょっと勉強になりつつ結構楽しむことができ、
時間を忘れてしまいます。
 
 
ゆっくりと船に揺られながら
桜を見る時間はとても贅沢で貴重な体験になること
間違いありません。
 
 
松川の川幅はそれほど広くないので、
両岸の桜が折り合うように重なっている様子は、
まさしく「桜のトンネル」と呼ぶにふさわしいものでしょう。
 
 

その間を遊覧船は縫うようにおもむろに進んで行きます。
 
 
遊覧船を降りるころにはなんともいえない満足感と
幸福感に包まれている自分に気づくことと思います。
 
 
一方でもうすこし遊覧船に乗っていて
楽しんでいたかったとまで感じてしまい、
30分では足りないと思ってしまうほどです。
 
 
ちなみに遊覧船での見所はいろいろありますが、
「桜橋」という風情のある石橋が印象に残りました。
 
 
あとから調べたらこの橋は
国の登録有形文化財にも登録されているそうです。
 
 
料金は大人1,800円で
桜の時期はいつもより高くなっていました。
(いつもは大人1,600円です。)
 
 

松川遊覧船(富山観光遊覧船)ご利用方法

個人の方
直接、乗り場までお越し下さい。
基本的にご予約なしでお乗り頂けます
(3月の平日はご予約下さい)。
 
 
ダイヤをご覧下さい。ただし、
団体予約が入っている場合もございますので、
ご心配な方は乗り場までお問い合わせください。
TEL.076-431-5418(松川茶屋)
 


 
 
少し後ろ髪を引かれる思いで、
遊覧船のクルージングを終えたあとは、
今度は上から松川べりをゆったり歩いてみましょう。
 
 
もともと松川沿いはウォーキングコースにもなっており、
整備されているのでお散歩にはもってこいです。
 
 
今度は上から遊覧船を見下ろすことになるのですが、
やっぱり乗っている人がうらやましくなってしまいますよね。
 
 
もしかしたら、先に松川べりを歩いてから
遊覧船に乗ればこんな思いはしなかったのかもしれませんでしたので、
次回お花見に行くときはこの順番を考えてみようかなと思っています。
 
 
いろいろ書いてきましたが、
そんな中で特に私がおすすめしたいのは、
夜の松川のさくらです。
 
 
松川では夜の時間にさくらがライトアップされるのですが、
光に照らされた桜が水面に写り込み、
その光景はといえばまるで夢の中にいるのではないかと
錯覚してしまうほどだと思います。
 
 
京都の嵐山などで見ることができる紅葉と
遜色ないくらいの美しさだと感じています。
 

所在地: 〒930-0081 富山県富山市本丸1
 


 
 
松川公園
富山市街地を東西に流れる松川の河岸公園で、
両岸の川べりにソメイヨシノ約500本の桜並木が続く。
 
 
この桜並木の下には、
28基の彫刻作品が設置され、遊歩道も整備されている。
昭和9年(1934)に植栽された桜は戦災で消失、
現在のものは昭和25年(1950)に植栽されたもの。
 
 
桜の花びらが舞うなか、船で桜橋から松川橋へいたる
「七橋巡り」を楽しむのも格別。桜開花期間中(4月上旬)には、
周辺施設などで全日本チンドンコンクールの
オープニングセレモニー・チンドン開幕パレードが開催される。
 
 

松川公園 桜・お花見情報

例年の見ごろ 4月上旬
本数 約500本
桜の種類 ソメイヨシノ
桜祭り あり/第65回全日本チンドンコンクール/
2019年4月5日(金)~4月7日(日)
夜桜・ライトアップ あり/2019年4月上旬※桜の開花状況にあわせて実施/17~23時
所在地 富山県富山市布瀬町一丁目~桜橋通り
問合先 076-443-2111/富山市公園緑地課
料金 無料
交通 交通情報:JR富山駅→徒歩7分/車:北陸道富山ICから国道41号経由10分
駐車場 なし

 
 

出典:松川公園(富山県)|全国のお花見・桜名所・夜桜2019|るるぶ&more.

 
 

富山城址公園

松川べりの桜を十分堪能して
満足できたら松川公園を後にして、
そのすぐ近くの富山城址公園 にも立ち寄ってみましょう。
 
 
こちらも桜の名所として有名です。
 

 

 
 
富山城のお堀の周囲には桜が見られますので、
そちらにも立ち寄ってみるとよいと思います。
 
 
街中で富山城と桜を同時に楽しめますよ。
まあ、一日中桜ばかりみることになってしまいますが、
この季節だけにしか経験できないと思って、
この際一年分しっかり見て目に焼き付けておきましょう。
 
 
歩き回って疲れてしまったときは、
富山城址公園の近くにあるお茶屋さん「松川茶屋」で、
ちょっとしたスイーツをいただきながら、
休憩することができます。
 

出典:松川茶屋(遊覧船のりば)
 

出典:松川茶屋(遊覧船のりば)
 
 


 
 
このときはお団子をいただきましたが、
おいしかったです。
 
 
ただし、お花見シーズンはとても混雑するので、
座るのにもちょっと苦労してしまいますので、
ある程度の覚悟は必要だと思います。
 
 
特に松川が見える側のテラス席は人気がありますので、
なかなかの競争率だと思います。
 
 
比較的空いている時間は何時ごろなのでしょうか、
調べてみましたがわかりませんでした。
 

 
 

富山市役所の上階には展望台

 
あとこれは余談ですが、
あまり知られていないと思っているのが、
富山市役所の上階には展望台があるので、
そこから桜を見下ろすのもあまりできない体験かと思います。
ここが穴場です。
 


 

所在地: 〒930-8510 富山県富山市新桜町7−番38号
 
 
富山で桜を見下ろせるところはあまり思いつかないので、
ここは貴重なスポットだと思っています。
 
 
夜見るとどんな感じに見えるのか、
夜9時ごろまで開放されています。
 
 
最後になりますが、
正直にいってしまえば桜の季節以外は
少し寂しいスポットかもしれません。
 
 
ですが松川沿いがピンク色に染まる季節は
たくさんの人でにぎわいます。
 
 

  • 友達同士でワイワイ盛り上がりながら楽しむもよし
  • 恋人とゆっくり眺めるながら会話を楽しむのもよし
  • 子供とのんびりお散歩しながら
    家族水入らずの時間を楽しむのもよし

 
老若男女が思い思いに幸せになれる
不思議な力を持った松川公園の桜 です。
 
 
ぜひ一度、訪れてみて皆さんも
ここでしかできない経験を通じて、
幸せな気持ちを感じてみてください。
 
 
私が使っている検索エンジン最適化(SEO)100点満点の評価のWordPressテーマ







 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.