50代のおっちゃんのほんとに何でも情報お届けブログ

福祉系の仕事に就くのはワケありさんが多い?その理由とは?

アバター
WRITER
 
福祉系の仕事に就くのはワケありさんが多い?その理由とは?
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~。セールスアドバイザーのTAKAです。

スポンサーリンク

身体にハンデを持つ方や高齢者が急増している日本社会。
福祉に特化した建物が次々と建設されています。

福祉といっても その分野は高齢者・障害者デイサービスや
就労支援(通称:作業所)、訪問介護などと細分化されており、
それぞれ人材不足に嘆いています。
 
 
そんな、この業界に従事している方々の傾向をみてみると
ワケありさんが多いようです。

今回はなぜ福祉従事者には ワケありさんが多いのか、
その理由について探っていきます!
 
 
福祉施設というのは県や市などが運営するパターンと
民間が運営するパターンがあります。
 
 
ここで ワケありさん(離婚経験者、軽度障害者など)が多く働ける要因を説明していきます。
まず、資格無しでも勤務可能
大抵の施設が要相談ではありますが個人にあったスタイルでの勤務が可能なので、
シングルで子持ちの方や軽度障害者の方も比較的働き易い環境にありながら、
施設によっては勤続年数や指定事項など一定の条件を超えた場合に、
有給、賞与、昇給などがあります。
 
 
公的、民間関係無く、どこの施設も基本的にシフトは早めに
確定しなければならないようですが、
急な休みもある程度柔軟に対応してくれるようです。

志高く信念をもって働く方も多い、その一方で、
初めは夢と希望を抱いて勤務していた方も夢と現実とのあいだに
ギャップのような違和感を感じて退職される方がいることも少なからず事実のようです。
 
 
総じて、ワケありさん達にとって福祉業界は働き易い条件が揃っているといえますが、
一方で離職が絶えず入れ替えが激しいのも事実であり間違いでないと思います。

今後はより一層福祉業界が栄えていく時代だと言われていますから、
もっと働き易い環境を構築し整えて欲しいと願います。
 
 
まとめ
福祉系の仕事に就くのはワケありさんが多い?その理由とは?

福祉系の仕事に就くのは
ワケありさんである離婚経験者や軽度障害者の方が数多くいらっしゃいます。
なぜ福祉系の仕事に従事される方はワケありさんが多いのか、
その要因は施設によって多少の違いはありますが、
パートタイムとして働き易いという条件がそろっているといえます。
 
 
働く時間が自由であったり
家庭の状況次第で休みが取れたり施設によっては勤続年数に応じて有給や賞与、
昇給などが支給されるといった施設もあるようです。
 
 
その反面、悲しい現実ですが、
福祉従事者として勤務する方のなかには
¨片手間¨としてこの職業に就いたというケースも少なくはありません。
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2019 All Rights Reserved.