普通のネットおじさん「たかおっち」が様々なジャンルの情報を発信するトレンドブログです

堺駿二は堺正章の父!戦後250本の映画に出演した名脇役だった!

アバター
WRITER
 
堺駿二は堺正章の父!戦後250本の映画に出演した名脇役だった
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~。セールスアドバイザーのTAKAです。

堺正章のルーツを辿る
NHK総合『ファミリーヒストリー「堺正章~父は伝説の喜劇役者 引き継がれる覚悟~」』
放送日 NHK総合 1月14日(月) 午後7時30分~午後8時43分
 
堺駿二は堺正章の父!戦後250本の映画に出演した名脇役だった

スポンサーリンク


堺正章さんの父は喜劇役者の「堺駿二さん」で
堺駿二さんは戦後、250本の映画に映画に出演した名脇役だったのだ。
堺正章さんが22歳の時に亡くなってしまったので、
父の人生やルーツについては、今まで聞くことができなかった。

今回、唯一主演した作品が72年ぶりによみがえることとなり、
新たな事実が浮かび上がる。

堺駿二さんが旅回りをしていた子役の頃や師匠である早川雪舟との出会いなど、
苦労を乗り越えて、役者として成長していく姿がそこにはあった。
堺正章さんは、映し出された父の姿には驚きを隠せなかった。
【ゲスト】堺正章
【司会】今田耕司,池田伸子
【語り】余貴美子
 

NHK『ファミリーヒストリー「堺正章~父は伝説の喜劇役者 引き継がれる覚悟~」』1月14日放送
出典元: 引用 – amass

 
 


 
 
予告映像もある番組ページ
 
 

堺駿二(サカイシュンジ)の映画作品
出典元: 引用 映画-Movie Walker

 
 

1クリックで、読みたい箇所までジャンプ!

堺 駿二とは

堺 駿二さんは、東京都出身のコメディアン、喜劇俳優。
実兄に浪曲師の初代港家小柳丸、
長男にマルチタレントの「堺正章さん」がいる。
1913-1968 昭和時代の俳優。
大正2年12月10日生まれ。大正12年初舞台。
早川雪洲に弟子入りし、のち新生喜劇座を結成。

戦後松竹大船にはいり、昭和21年「破られた手風琴」で主演を務める
27年フリーとなり、映画やテレビに出演、
またコメディアンとして活躍したが、
昭和43年8月10日東京新宿のコマ劇場の舞台で急死。54歳。
東京出身。保善中学中退。本名は栗原正至

堺駿二さんは、人当たりの良さで知られていて、
どんな番組でも出来る限りスケジュールを合わせて出演していた。
また自分の与えられた範囲内だけを精一杯演じることに徹し、
決して相手の出演者の領分を侵さないなどを信念とし、
新人コメディアンや若手のテレビ演出家から絶大な信頼があった。
それだけに、堺駿二さんの突然すぎる死は、喜劇界に大きな衝撃を与えた。

堺駿二 – Wikipedia
出典元: 引用 Wikipedia

 
 

スポンサーリンク

堺正章とは

堺正章さんといえば誰もが知るタレントですね。
愛称は「マチャアキ」「堺先生」「巨匠」「Mr.かくし芸」
生年月日: 1946年6月6日 (年齢 72歳)
生まれ: 東京都 世田谷区
堺正章さんは、エンターテイナー、タレント、歌手など様々な肩書きを持っていますが、
1990年代以降はテレビ番組の司会を中心に活動しています。

私は新年のかくし芸大会でのチェレンジ精神には
いつも感心させられました。
難易度の高い かくし芸に毎年挑戦されてました。
有名なのは、テーブルクロス引きですね。

新春かくし芸 名場面集⑭ 堺正章スペシャル
出典元: 引用 youtube

 
それだけでなく、マルチタレントとしていまも
バラエティ、司会、料理番組など様々なジャンルに出演されていて、
すばらしい才能の持ち主です。
ものまね番組の審査員でもよくテレビに出てます。

かならず人を笑わせて、その場の雰囲気を和らげているので、
これは父である堺駿二さんのコメディアン、喜劇俳優のDNAを引き継いでいますね。
 

堺正章 – Wikipedia
出典元: 引用 Wikipedia

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© たかおっちのトレンド情報発信ブログ , 2019 All Rights Reserved.