50代のおっちゃんのほんとに何でも情報お届けブログ

私が53年の人生で学んだちょっといい話!VOL.2

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~。 TAKAです。
最近ブログの記事を書くのが楽しくなってきました。
こんなブログでも見てくれてる方がいるからです。
ほんと励みになります。

あなたは雨乞いで絶対失敗しない人がいるの知ってますか?

その人は雨がふるまで雨乞いをやめない
らしいです。
すごい精神力ですよね

はぁー と思われた人。
残念!
これは成功されてる方の考え方なのです。

絶対失敗しない人。

成功するまでやりつづける、行動を起こし続ける。

ということですね。
 

今日は自分と他人との感覚の違いについてお話させていただきます。。

感覚というと例えば好み。
女性の方はすいません。

男はほんとバカみたなこと を時々します。
10人ぐらい男だけが集まってるところに
1人が雑誌を持ってきました。

そこにはきれい系な女性が10人ぐらい写ってます。
雑誌をもってきた1人がいいます。
「みんなはどの子がタイプ?」

これ男性ならよくある話です。 ほんとバカですよね。
で、周りのみんなもこの話に必ずのっかります。

雑誌を見て指をさすのですが、
9人はだいたい3人ぐらいのの子のところにそれぞれいきます。
かたまるのです。

しかーーーし

1人だけ誰も選ばない子を選んだりします。
そしてその子は周りからこう言われます。

ないわー
ありえへん
とか。。

これが好みですね。

洋服や髪型の趣味
好みのタイプの異性などもそうですね。

感覚はそれちがいますし
「十人十色」です。

「十人十色」とは
「人の考えや好みは千差万別で、それぞれみんな違っている」
という意味。

この好みの話とは少しちがいますが

感覚のちがいについて
私の経験をお話させていただきます。
分譲住宅の飛び込み営業マン時代の話になります。

あ!
先に営業マンについて理解していただきたい事があります。

営業とかセールスマンのことを
バカにしたりする会社員の方とか
ときどきいます。

でもね、あなたのお給料はどこからでてますか?
一般の企業ではお客さんが商品を購入してくれてるから
給料が出てるのです。
それをを考えてない方が多いのが現状です。

では商品を売ってるのは誰でしょう?
はい営業の人が汗水たらして販売しているから
お給料が出ているのです。

このことを理解されている方は
営業の人をとても大事にしますし
昇進されていく方も
このことを十分に理解されてて
営業マンを大切にされる方ですね。

もしあなたがいままで営業マンに対する見方が
バカにするような見方をされていたなら
物の見方・考え方を少し学ばれることを
お勧めします。

話をもどします。

スポンサーリンク

感覚のちがい!

それは私が雨の日に
事務所での電話での営業活動をしていたときに突然おきました。
専門用語では「テレアポ」といいます。

分譲住宅なので対象は
賃貸に住んでいる方になります。
下準備としては対象物件の地域の電話帳で
「あ行」から順番に
住所の最後に 505 とか 103
とかあきらかに賃貸に住んでいる方を
線を引いておきます。

そこに電話を無差別に掛けていき
営業をかけていきます。

私のやり方は
セールスの神様といわれている
伊藤光男さんがテレビでテレアポの女性方に指導されてるとき
手と受話器をガムテームでぐるぐるまき
にしてこの状態でやりなさいというのを見てから

ガムテープは使わないですが
午前中に断られても50件お話をするという
自分にノルマをあたえて取り組む時
10件達成するまでは、左手で持つ受話器はけして離さない状態
でテレアポしてました。
(10件でも留守宅が多いので件数的にはかなりかけてます)

これは習慣になってたので私にとってはごく普通でした。

会社では専門にテレアポだけをする
年配の女性を雇っていたのですが

その方がたまたま私のテレアポをみたときに
言った一言があります。

「あんたー 必死やなーー!」

私・・・
心の中で別に必死でもないし、普通なんやけど。。
私はこれ以上ない笑顔でその女性には会釈しておいた。

ここで感覚の違いをわかっていただけたと思います。
私はもう習慣化 されているので
別に必死ではなくごく普通の感覚でテレアポをしていた のに、

他の方が見たとき必死に見えるのです。

テレアポでも外での飛び込み営業でも(複数人でするときもあります)
自分では普通の感覚でしてるのが
他の人から必死とかマネできないわーとかいわれてるとき
必ず成果が出ていました。
「ゾーンにはいっている」
とも言われます

たぶんこの感覚が
小さな成功を生むメカニズムなんだろうなーと
当時、思ってました。

この感覚のちがいは実は経験するとわかるのですが
何かの結果を出された方はみんな持ってるものです。

まわりから忙しそう、大変そう、必死やなーと
思われたり言われたりしても
本人は全然辛くないし普通ですしむしろ楽しみながらしてます。

なのであなたがもし
普通に物事をされてるのに
周りから 大変そうとか必死ですね といわれたら
チャンスなのです。

いわゆる 
「ゾーンにはいっている」
ということになります。

必ず成果が出てきます。

もうすでに大きな成果を出されている方は
この感覚は経験されているはずです。
 
 

スポンサーリンク

習慣化について

歯を磨いたり、会社に通勤したり
車を運転したりするのも習慣です。

歯を磨いたり、車を運転するのに
すごいパワーとか勇気とか根性とか気合とか
必要でしょうか?
必要なく無意識でできますね。

会社に通勤するときはときには嫌だなーと
思うかもしれないですが。

習慣化をすれば何かの成果は出てきますので
意識していきたいものです。

自分がやると決めたことを
習慣化するクセをつけていくといいですよ。

 
P.S.
スーパーなどに売っている袋入りの
価格の安い焼きそばや焼うどんを料理するときに
麺をほぐすとき水ではなく
「料理酒」にすると
格段においしくなりますよ!

お酒の沸点は水よりはるかに低いので
水特有のべたべた感がなくなり
焼きそばは屋台のやきそばにちかい食感
になりおいしくなります。
是非お試し下さい。
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2018 All Rights Reserved.