50代のおっちゃんのほんとに何でも情報お届けブログ

自己管理はあることを意識するだけで、凡人にでもできる

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは~。 凡人のTAKAです。

私はセールスの仕事以外、したことがありません。
子供のころになりたかった職業は、
電気屋 さん。
 
いつも街の電気屋さんが家に来ると

テレビとかステレオの配線とかつないだりするのを見てるのが
大好きでした。
 
電気屋さんがくるともうテンションマックスです。
 

そして最もなりたくなかった職業

まずスーツを着なければならない職業が嫌で、
その中でも

セールスマンだけは絶対ならないと決めていました。

セールスマンだけは絶対ならないと決めていました。

セールスマンだけは絶対ならないと決めていました

 

結果、最初についた職業は

N生命の保険のセールスマンでした・・・なぜだ!!!

8年ほどして転職。

分譲住宅の飛び込み営業・・またしてもなぜだー!

 
人生こんなもんですよね。

嫌だ嫌だと思ってる方向に

磁石でもついてるかのように

引き寄せられていきます。
 

ただこれだけ営業というものを経験すると、

財産として身につく物は

どの職業より多いと自負しています。

 

私はなぜか周りの方には飛びぬけて

誰よりも恵まれていたような気がしてたのですが、

先日、ホンマでっか!?TV

心理学者の植木理恵先生
がいわれた言葉で

鳥肌が立ちました。

 
泣き虫の人は普通の人の数倍も

周りの方から助けていただけるという

心理結果が出てるそうです。

恥ずかしながら、私は子供のころから

泣き虫です。
 

大人になってもそれは変わらず

感動したら泣きますし

怒られても自分の為に言ってくれてるんだと思うと

上司の前でも泣いてました。
 

もちろん映画やDVDやドラマを観ても泣きます。

泣き虫は圧倒的に支援されやすいということが

心理学的にあったことを知って

まさに私はその典型的だなぁ~と思いました。

 
自分が窮地に立たされてもなぜか、

いつも救世主みたいた人が現れて助けていただいた経験が

ほんと何度も何度もあるのです。

 

前置きが長くなりましたが、

営業(セールス)という仕事を20年以上経験してきて

凡人でもできる自己管理方法
をお話させていただきます。

 

セールスの経験されたことがない人はこんなことか!

と思うかもしれないですが、

自己管理というのは実は簡単ではないのです。

私がお勧めする自己管理は実際結果が出てます。

保険会社では、

同期で研修受けて入社したのが、

男性3人 女性18人の計21人でしたが、

1年したら・・・・

男性2人 女性3人しか残ってなかった。

営業(セールス)とはそんな世界です。

売れなければやめていくしかないのです。

 

2年目でなんと異例の人事。

大反対された年配のセールスレディの方もいたようです。

24歳の若造が「指導所長」・・・

あとから支部長に聞いたのですが

これでやめるか生き残れるか

私を試したかったと言われた。

結果生き残りました。

その後会社の制度がかわり

F〇リーダーという職になりました。

その後転職した分譲住宅の会社は従業員500名ぐらいの中小企業でしたが

2年目に全国で販売件数2位

飛び込みセールスでは1位になりました。
 
分譲住宅ですので、チラシをいれて現場で

お客さんがきたら対応しての販売というのもありますので(反響営業といいます)

トータルの件数で1位は取れなかったですが、

飛び込み営業での成約件数は1位になり

入社3年目でメンターにも恵まれていて

「販売課長」になりました。
 

タイトルにもありますが、私は凡人です

ほんと自分に甘いですし

本を書いてるような、朝から深夜まで

セールス活動をされてるような

スーパーセールスマンでもありません。

この自己管理の方法

は自分で気がつき実践してきた方法になります。

完全なオリジナルです。

それは・・・・

8勝7敗をなにがなんでも目指せ!

はい、たったこれだけなのです。
 
 

凡人でもできる自己管理の方法

 
説明します。

大相撲は15日間という日数が奇数なので

勝ち越すか負け越すかで

天と地ぐらいの差があるのは

あなたもご存知ですよね。
 

自己管理においてあてはめてみます。

自分自身との闘いで  勝ち越せ!  ということなのです。

 
今日は雨が降ってるので営業活動したくないなぁ~

とか普通に思いますよね。

これで1敗です。

 
今日は気分が乗らないなぁ~

はい、2敗。

 
ダメ営業マンの典型です。

この考えではほぼ負け越し
決定ですよね。

 

私は雨が降ってるときは、

午前中は2時間もしくわ50件電話がつながるまで

事務所でテレアポをしたりしてました。

電話がつながれば断られても1件とカウントします。

雨の日なら在宅率は晴れの日よりも高いと予想できますので

この方法を取ってました。

プラス思考の発想です。
 

雪のときあえて現場にいきましたね。

同情を誘うわけではないですが、

肩に雪を積もらせながら飛び込み営業をして

玄関に出てこられて怒る人は一人もいない!

こんな日にご苦労さんですね って言われます。

結果、雪の日にできた見込み客の方で

成約までいったお客様もたくさんいます。

もう一人の弱い自分に勝って行動できたら

1勝です。
 

これが毎日1回でカウントするのではなく、

その日一日で勝ち越す!

8勝7敗でなくてもいいのです。

 
4勝3敗で勝ち越す!

これを意識しながら営業活動をしていたら

自然と成績は上がっていきました。

 

これならできると思いませんか!

ただなぜかたったこれだけの事が、

できない営業の仕事をしている方がほとんどなのです。

 

スポンサーリンク

80:20の法則

80:20の法則
というのがあって、

この法則はあらゆる物にあてはまるといわれています。

自己管理できてる人は
全体の20%

できてない人
全体の80%

 
会社の売り上げ

20%の人で80%を売り上げ

80%の人は20%しか売り上げてない。

などです。

あなたはどちらにはいりたいですか?

 
私はこの80:20の法則を知った時

20%の方に入りたいと強く思いましたし、
いつも意識してました。

そして日々の行動、

1週間の行動

1ケ月の行動

の中で自己管理は

「勝ち越し」
 という事を意識してしたら、

ほんと凡人なのに結果がついてきました。

仕事の時間中にさぼったりも普通にしてましたよ。

スーパー営業マンではないですから。

 

この自己管理の方法は

営業職の方だけでなく

どんなことにでも応用できますので

是非実践してみてください。

20%の方にはいりましょう!!

 
私は小学生のころ、本読みを先生から当てられると

緊張で声も足も手もぶるぶる震えて

本を読むような少年でした。

なのでセールスなんて考えられないし、

人前で話すことが最もストレスが溜まるような子供でした。

 
でもね、

環境とか習慣というのはほんとすごいもので、

生保では保険月というのが年に2回あります。

私が勤めていた会社では7月と11月でした。
 

保険月のときは通常月の2倍以上の成果を求められ、

会社全体がお祭りムードになります。
 

全員大会というのがあり、
500人ぐらい人が集まって各拠点の支部長さんと

成績優秀なセールスレディ(通常)決意表明をするのですが・・・

女性特有のアレ
がいつも出ます。

誰も壇上に上がりたくない。

私にあなた男なんだから・・・

出た!

決意表明しきて! っと言われ

はじめて500人の前で話をしたときは、

がんばります! ぐらいしか言えてなかったかもしれないのです。
 

しかし

保険の重大月になると必ず

私が決意表明することになるので

もう3回目ぐらいからは慣れてきました。

地声ではなくマイクで話せるのも

私には合ってたのかもしれないですが、

前日にスピーチを考えて練習をするようになりました。
 
もう緊張することもなく堂々と話せるようになっていきました。
 
もうそこには小学生のころ緊張してふるえて本読みをしてた

私はいなかったです。

 
環境や習慣はほんと人を変えます。

実体験です。

  

スポンサーリンク

まとめ

自己管理は毎日、毎週、毎月

「勝ち越し」
を意識して下さい。

意識するのが大事です。

80:20の法則
の原理を理解し、

「20%」の方に入るんだと決断してください。

私のような凡人でもこれはできた方法なので、

難しくないです。

あなたの何かの参考でもなればうれしいです。
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
ネットゲームのFF14やPS4ゲームが大好きなおじさんです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© ほんとに何でも情報お届けブログ , 2018 All Rights Reserved.